あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Appleは、ユーザー待望のUSB-Cコネクタへの移行を、ついに2023年発売のiPhone 15にて実現すると言われているが、ユーザーにとっては諸手を挙げて歓迎すべき動きにならない可能性もありそうだ。最新の情報によると、新型iPhoneはAppleが認証したUSB-Cケーブル以外では充電速度に制限がかかる可能性が示唆されている。

既存のUSB-Cケーブルでは充電が遅くなる可能性

X(旧Twitter)において、リーカーのMajin Bu氏がiPhone 15シリーズのものと主張するUSB-Cフレックスケーブルを公開している。

Xでは、Majin Bu氏がiPhone 15シリーズのものと主張するUSB-Cフレックスケーブルをさらに公開している。同氏の情報では、このケーブルには特別な「3LD3」チップが搭載されて、これは過去にパッケージされたチップの情報から推測するに、その主な機能は「伝送の暗号化」に関わるものかもしれないという。

つまり、AppleがこのチップとiOSの連携によって、iPhone 15の全モデルに関する充電を制限している可能性を示唆している。しかし、Majin Buは、すべてのUSB-CケーブルはEUの法律で義務付けられているように、Appleの将来のデバイスと互換性があるはずだと述べている。しかし、この制限は、EUが定めたいかなる義務とは関係のない他の市場でも実施される可能性があり、顧客はiPhone 15を充電するためにApple公式のUSB-Cケーブルを購入することを余儀なくされる。

こうした動きをAppleが画策しているのは当然だろう。Appleは今回のUSB-Cポートへの移行によって、独自のLightningポートの廃止を余儀なくされ、アクセサリー・メーカーからロイヤリティを得ることができなくなってしまう。そのため、失われた収益を取り戻す唯一の方法は、iPhone 15でしか使えないUSB-Cケーブルを顧客の手に取らせることだ。そのため、顧客の利便性を犠牲にし、“Appleが安全性を確認した安全なケーブル”として、規制のない高速充電が可能になるケーブルを差別化する事は、“安全性”という大義名分の下に行われる可能性もある。

ただし、これらは憶測に過ぎず、実際には“3LD3”チップは、iPhone 15のUSB-Cポートに接続した際にハッカーに重要なデータを盗まれないようにするためのセキュリティ対策に過ぎず、既存のUSB-Cケーブルがこれらの次期モデルで使えるという可能性もまだ十分にある。


Source

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする