あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

人類は地球を居住可能な惑星とする9つの境界線のうち6つを既に超えてしまった

人類の活動は、地球環境の劇的な変化を引き起こしかねない危険な状態にある事が新たな研究から示唆された。学術誌『Science Advances』に掲載された新しい研究によると、人類は現在、地球を居住可能な惑星とする「地球の限界(プラネタリーバウンダリー、英訳:Planetary Boundaries)」が定める9つの境界線のうち、既に6つを超えてしまっているというのだ。

2009年に初めて導入されたプラネタリーバウンダリーの枠組みは、地球環境が完新世を定義する安定した限界内にとどまるために尊重されなければならない、9つの重要な地球システムの制約について説明している。ここで定められる9つの項目とは:(1)気候変動(2)大気エアロゾルの負荷(3)成層圏オゾンの破壊(4)海洋酸性化(5)淡水変化(6)土地利用変化(7)生物圏の一体性 (8)窒素・リンの生物地球化学的循環(9)新規化学物質だ。

planetary boundaries
(Credit: Hitachi)

約12,000年前に始まった完新世は、気温と降水量の変動が最小であることを特徴としており、すべての偉大な人類文明の出現を可能にする条件を提供してきた。

しかし、産業革命以来の炭素排出量の増加は、地球全体の気候を変化させ、完新世の変動枠からはみ出し、人新世と呼ばれる未知の領域へと突入させた。2015年に行われた分析では、9つのプラネタリーバウンダリーのうち6つがすでに踏み越えられたことが明らかになったが、今回の新たな研究は、過去8年間、私たちが間違った方向に進み続けていることを示している。

「このプラネタリーバウンダリーの枠組みを更新したところ、9つの境界のうち6つが踏み越えられたことがわかった。2015年に踏み越えたと判定された境界線はすべて、その越境レベルが上昇している」と研究者たちは付け加えている。

以前の分析とは異なり、この最新の研究では9つの境界線それぞれに数値が示されている。例えば、気候変動の境界線については、大気中の二酸化炭素濃度の安全限界は350ppmであると説明している。

pb3.0 over time 1100x600 1

シミュレーションによれば、35年前の排出量はまだ十分に低く、その後800年間は地球の気温が0.6℃以上上昇することはなかった。しかし残念なことに、その後二酸化炭素濃度は417ppmまで急上昇し、地球温暖化はさらに加速した。

その他、踏み越えられたプラネタリーバウンダリーには、土地システムの変化、淡水の使用量、生物地球化学的フロー(農業や工業の流出によって自然の生態系に加えられる硝酸塩やリン酸塩のレベルを指す)、プラスチックや「永遠の化学物質」のような人工的汚染物質を含む「新奇な存在」などが含まれる。生物圏の完全性と呼ばれる別の境界の重要性についても、著者らは強調している。この境界は、生物種の損失率と地球全体で起こっている光合成の総量によって測定される。

研究者たちの計算によると、現在の絶滅率はバックグラウンドの約100倍であり、生物多様性の維持に使われるべきエネルギーの約3分の1が人類によって消費されている。

研究の著者であるKatherine Richardson氏は声明の中で、「6つの境界を越えること自体が、必ずしも災害の発生を意味するわけではありませんが、これは明らかな警告信号です。私たちはこれを自分の血圧と同じように考えることができます。血圧が120/80を超えたからといって心臓発作が起こるとは限りませんが、そのリスクは高まります。ですから、私たちは血圧を下げようとするのです」と、警告する。

「私たち自身、そして私たちの子供たちのためにも、この6つのプラネタリーバウンダリーにかかる圧力を下げる必要があるのです」。

越えられていない3つのプラネタリーバウンダリーのうち、オゾン層の破壊だけは正しい方向に進んでいる。1987年のモントリオール議定書の結果、フロン(CFC)の使用が削減されたことで、オゾン層は回復が見られるのだ。残る2つのカテゴリー、海洋酸性化と大気エアロゾル負荷は、まだ「安全な活動領域」の範囲内にあるが、急速に限界に向かっている。


論文

参考文献

研究の要旨

今回のプラネタリーバウンダリーの枠組み更新では、9つの境界のうち6つが越境しており、地球が人類にとって安全な活動領域から大きく外れていることを示唆している。海洋酸性化は限界に近づいており、エアロゾル負荷は地域的に境界を超えている。成層圏オゾンレベルはわずかに回復している。先に越境が確認されたすべての境界において、越境レベルは上昇している。一次生産が地球システムの生物圏機能を駆動していることから、人間が正味の一次生産に充当することが、生物圏の機能的完全性の制御変数として提案されている。この境界もまた越境している。気候および陸域システム変化の境界の踏み越えに関するさまざまなレベルの地球システムモデリングは、地球システムに対するこれらの人為的影響がシステム的な文脈で考慮されなければならないことを示している。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする