iPhone 14 Proの実際の動作画面はこんな感じ?完成度の高いコンセプト画像に想像が膨らむ

masapoco
投稿日 2022年8月15日 6:43
iphone 14 pro concept image1

9月にはいよいよAppleによって iPhone 14 シリーズが発売されると言われており、気付けばもう残り1か月程度。実際にノッチがなくなるiPhone 14 Proが動作している様子ももうすぐ見られるようになるが、一足先に「こんな感じかも?」というコンセプト画像を、グラフィックデザイナーのAR7氏が作製して、Twitterに公開している。完成度の高い画像に期待が高まるはずだ。

Source

グラフィックデザイナーのAR7氏は、噂のパンチ+ピル型デザインを取り入れ、iPhone 14 Proをレンダリングしている。今回のコンセプト画像では、最近Appleが新たに取り入れた新しいバッテリーアイコンも反映されている。

また、画像右側の黒い画面に白く表示がされている画像は、恐らくiPhone 14 Proで取り入れられるという「常時表示ディスプレイ」をイメージしたものだろう。これにより、iPhoneが常に一定の情報を表示してくれるため、時計や通知を確認しやすくなると思われる。

噂によると、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxは、120Hzから1Hzまでの新しい可変リフレッシュレート有機ELパネルによって、常時表示ディスプレイを搭載する最初のiPhoneになると言われている。これに対し、iPhone 13 Proのディスプレイは120Hzから10Hzの範囲だった。理論的にはiPhone 13 Proモデルでも常時接続モードを有効にすることができるが、バッテリーの消費を考えると、この機能は新しい1Hzのディスプレイでより効率的に機能するはずだ。

iPhone 14 シリーズは9月中旬に発表され、下旬に発売されると言われている。価格も改定され、値上げが予想されている。また、標準モデルでの性能向上は大きくはなく、AppleはProモデルを大幅に強化し、標準モデルとの差別化を図るとのことだ。

詳しいまとめは以下にをご覧いただきたい。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • TAE Technologies Norman head on pressrelease 980x654 1
    次の記事

    2030年頃までに10億度を超える水素-ホウ素核融合発電を目指すTAEがGoogleなどから巨額の資金を調達

    2023年3月4日 5:42
  • 前の記事

    Samsung 990 PRO PCIe 5.0 M.2 SSD が確認。コンシューマ向け超高速SSDの登場が間近か?

    2022年8月14日 12:16
    Samsung 990 Pro PCIe Gen 5 SSD 2 low res scale 4 00x scaled 1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事