アイルランド政府はCO2削減目標達成のために牛を20万頭殺処分する計画

masapoco
投稿日 2023年7月3日 16:03
cow

欧州各国は、気候変動に左右されない経済への転換という公約の実現に取り組んでいる。欧州グリーン・ディールの下で、気候ニュートラルという目標は、2030年までに温室効果ガス(GHG)排出量を少なくとも55%削減するという27の合意国の法的約束となった。しかし、この目標を達成するのは、当初考えられていたよりも難しいかもしれないと考える国も出てきている。

アイルランド政府は今後3年間で20万頭の牛を殺処分するという野心的な計画を提案している。6億ユーロを要すると予想されるこの計画は、2050年までに二酸化炭素排出量ゼロを達成するという政府の広範な戦略の一環である。これは、Irish Independent誌が閲覧したとする政府の内部文書から明らかになった。

アイルランドの温室効果ガス排出量を削減する手段として、農務省はこの大量淘汰を提案している。この提案によると、この高い気候目標を達成するためには、アイルランドの全家畜の10%を「処分」する必要があるという。

しかし、この提案には農業界から懐疑的な声が上がっている。多くの農家は大量淘汰という考えに納得しておらず、彼らの生活への影響を懸念している。政府は、農家の損失を相殺するために6億ユーロの補償を提案している。

アイリッシュ・クリーマリー・ミルク・サプライヤー協会のPat McCormack会長は、排出量削減のためにもっと科学的根拠に基づいたアプローチを主張し、懸念を表明した。「私たちは、科学的見地から成果を出せるインフラに投資すべきです。そして、低排出がより良いことは分かっているのだから、さらなる科学と研究への投資を続けるべきです」。

McCormack氏はまた、多くの農家が現在の家畜頭数に基づいて多額の財政的負担をしていることを考慮し、淘汰計画は任意であるべきだと強調した。

温室効果ガス削減のための大量淘汰というアイデアは新しいものではない。2021年、温室効果ガスを十分に削減するためには、130万頭もの家畜を淘汰する必要があるとの報告書が発表された。アイルランド農務省は以前、牛1頭あたり5,000ユーロの補償が受け入れられると結論付けていた。

今年初め、政府の環境保護庁はアイルランド産牛の30%削減を提案したが、これは50万頭以上の牛を淘汰することに相当する。

アイルランドが気候変動戦略を進める中、環境責任と農業の持続可能性のバランスは依然として複雑な問題である。今回提案された淘汰計画は、政府の気候変動目標へのコミットメントを明確に示すものだが、目標達成への道筋はまだ議論の余地がありそうだ。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • windows 11
    次の記事

    Microsoft、デジタルAIアシスタント「Windows Copilot」の試験提供を開始

    2023年7月3日 16:16
  • 前の記事

    核融合をクリーンエネルギーとして利用するには、まだ数十年の研究が必要だ

    2023年7月3日 14:09
    file 20230623 2542 tun5fo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事