iPhone 15 Proにはペリスコープレンズが搭載される可能性

masapoco
投稿日
2022年6月21日 13:32
iPhone 15

Appleは今年の9月頃にiPhone 14及びiPhone 14 Proシリーズを発表すると見られているが、今回はその次、2023年に発売されると見られる「iPhone 15」シリーズについての新たな情報で、革新的なペリスコープレンズが搭載される可能性とのことだ。

iPhone 15では光学式望遠ズームレンズが搭載される可能性も?

9to5Macによると、アナリストのJeff Pu氏による新たなレポートで、AppleのARグラスのほか、iPhone 15 Proに新しいペリスコープレンズが搭載される可能性が伝えられているとのこと。

Pu氏は、Apple待望のARグラスは2024年の後半に登場するだろうと考えており、これに加えて同氏は、AppleのARグラスは現在設計・開発段階に入っており、今年中にはプロトタイプが出来上がると報告している。さらに、ARグラスの量産は2024年に開始されるとのことだ。

ARグラスの他に、Jeff Pu氏は長らくうわさされているペリスコープレンズがiPhone 15 Proモデルで搭載される可能性について述べている。ただし、iPhone 15 Proで大小両方のモデルになるのか、Maxのみになるのかどうかなどは不明だとのこと。

ランテはプリズムの計画生産能力を引き上げ続けている。引き続きペリスコープの採用の可能性が非常に高いと見ており、ランテが主要な供給元となる。

Jeff Pu氏のレポート

ペリスコープレンズと言えば、最近ではSonyのXperia 1 IVに搭載され、スマホカメラ初の光学式望遠ズームレンズを実現したことで記憶に新しいのではないだろうか。

ペリスコープレンズは、プリズムにより光を90度屈折させることで、レンズとセンサーを水平ではなく直角に配置可能にすることで、レンズを出っ張らせることなく、スマホのような薄いデバイスでも高倍率の光学ズームを実現させることが可能となる。

今回、Appleが関係するサプライヤーがプリズムの出荷を増やしたとのことで、ペリスコープレンズの可能性が現実味を帯びてきたようだ。

とはいえ、これらは現段階では単なる憶測であり、今後もう少し具体的な情報が出てくることだろう。

その前にまずはiPhone 14シリーズだが、標準モデルはどうやらかなりのマイナーアップデートになりそうだ



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • main 2
    次の記事

    Ankerのサブブランド「AnkerWork」第1弾製品 リモートワークに最適な「AnkerWork B600 Video Bar」を販売開始

    2022年6月21日 14:39
  • 前の記事

    Apple ARメガネは設計開発段階にあり、予想よりも早く発売される可能性

    2022年6月21日 12:04
    glasses image
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • Apple M3 chip series architecture 231030

    AppleのM3 MaxチップからのUltraFusionインターコネクト削除は新たな巨大チップ登場の前兆か?

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

  • apple iphone 5g

    Apple、未発表のアプリやVision Proに関する情報をリークした疑いで元従業員を提訴

  • Apple iPad Pro Magic Keyboard M2 hero 2up 221018

    新型iPad ProとiPad Airは5月初旬の発売になる可能性が報じられる

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

今読まれている記事