あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

今秋発売とされるAppleiPhone 14シリーズについて、デザインや搭載チップなどiPhone 13シリーズに比べてあまり変化のない中で、なぜか少し厚みが増えていることは以前のリークから判明していた。これは新型のカメラセンサー搭載による影響と考えられていたが、それ以外にも大きなバッテリーを積むために内部スペースを確保するためであったのかもしれない。今回リークされた内容では、2つのモデルで前世代よりもバッテリー容量が増加しているようだ。

iPhone 14 Maxが最大のバッテリー容量だが、iPhone 14 Pro Maxは微減な模様

リーカーのShrimpApplePro氏によると、Baiduに投稿されたiPhone 14シリーズのバッテリー容量は以下の通りとのことだ。

  • iPhone 14 6.1インチディスプレイ – バッテリー容量:3,279mAh(前:3,227mAh)
  • iPhone 14 Pro 6.1インチディスプレイ – バッテリー容量:3,200mAh(前:3,095mAh)
  • iPhone 14 Max(Plus?) 6.7インチディスプレイ – バッテリー容量:4,325mAh(新登場)
  • iPhone 14 Pro Max 6.7インチディスプレイ – バッテリー容量:4,323mAh(前:4,352mAh)

これを見ると、iPhone 14がiPhone 14 Proよりも若干バッテリーが大きくなっていることに気付かれると思う。Proバージョンの方が小さなバッテリーになる理由の1つは、Proモデルにのみ搭載されると言われている、今までよりも高解像度を実現した48MPメインカメラによって、内部スペースが占有されてしまうからかもしれない。

加えて、標準のiPhone 14モデルは、iPhone 13シリーズと同じA15 Bionicチップを搭載するとのことから、iPhone 14 Proモデルに搭載されると言われているA16 Bionicチップに比べて省電力性能で劣るため、より大きなバッテリーが必要だとも考えられるだろう。バッテリー容量が増加したこと、搭載チップがA16 Bionicへと変更になるiPhone 14 Proは、現行世代に比べてバッテリー持続時間の大きな向上が見込めるかもしれない。逆に、搭載チップがA16 Bionicになるが、バッテリー容量が少し減るiPhone 14 Pro Maxは現状維持といった形になるだろうか。

とはいえ、リーカーはこの情報については正確性の観点から少し注意して見た方がいいとのことなので、今後の情報によっては変化する可能性もありそうだ。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする