あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Intel XeSS のテスト結果は、NVIDIA DLSS と互角に渡り合えることを示している

YouTubeチャンネルDigital Foundryは、Intelの新しいAIアップスケーラー「XeSS」の詳細なレビューを実施した独占動画を公開した。この動画の中で、XeSSはDLSSバージョン2に匹敵するほどパフォーマンスを発揮しており、NVIDIAの対応製品と同等以上のゲームパフォーマンスと画質を備えていることが明らかにされた。

簡単に説明するとXeSSは、同様のアップスケーリングテクノロジーである、NVIDIAのDLSSとAMDのFSRに対するIntel独自の技術だ。XeSSは、画像のディテールをできるだけ劣化させずに、低いネイティブ解像度から高い解像度に画像をアップスケーリングする。

内部的には、XeSSはNVIDIAのDLSSと非常によく似た機能を持っている。アップスケーリングは、時間的AIアルゴリズムの助けを借りて、以前に記録した画像データの助けを借りて、何もないところにアップスケーリングした画像に知能的に詳細を追加するのである。しかし、DLSSとは異なり、IntelのXeSSは、すべてのタイプのGPUをサポートするために、3つの異なるバリエーションが用意されている。Arc Alchemist Intel GPU、Intel統合グラフィックス、非Intel GPU(つまり、XeSSはNVIDIAとAMDのGPUでも動作する)である。

Digital Foundry社は、テスト用にArc Alchemist A770 GPUを使用し、Intelの新しいAIアップスケーラーに対応した『Shadow of the Tomb Raider』を実行している。テストした解像度は、1080p、1440p、および4K解像度だ。

『Shadow of the Tomb Raider』で実装されたXeSSでは、パフォーマンスは非常に良好だった。特に、Digital Foundryは、XeSSのパフォーマンスモードで4K解像度のA770で88%のフレームレートの改善を確認している。他のモードでは、それほど大きな改善は見られなかったが、それでも非常に良好だ。バランスでは66%、クオリティモードでは47%、ウルトラクオリティでは23%の性能向上が確認されている。

しかし、この驚異的な向上が、主にGPUに大きな負荷をかける4Kなどの高解像度ターゲットに適用されることは注目に値する。例えば、1440Pのようなそれほど高くない解像度をテストした場合、Digital Foundryが見た最大性能では、XeSSのパフォーマンスモードでは52%だった。それでも、52%の性能向上は注目に値する。

画質もパフォーマンス指標と同様に印象的だ。『Shadow of the Tomb Raider』に同梱されているDLSSバージョン2.3.2と比較すると、XeSSはあらゆる面でNVIDIAの対応製品と互角に渡り合うことができる。XeSSは、TAAテストがネイティブ解像度で実行されているにもかかわらず、いくつかのケースでShadow of the Tomb RaiderのTAA実装を上回ったのだ。

Screenshot 2022 09 14 at 11
この場合、NvidiaのDLSS(左)とIntelのXeSS(中央)は、ゲームに組み込まれたアンチエイリアス(右)よりも、この漁網のディテールを維持している(Image Credits: Digital Foundry)

XeSSとDLSSを拡大せずに並べたとしても、その違いはわからないだろう。ズームアップして初めて画質の違いに気づくことができるレベルだ。しかし、それでも両者のAIアップスケーラーは同じように見え、DLSSに軍配が上がる場面はごく一部に限られる。動きのある映像もXeSSと共通で、実際にゴーストが発生することもなく、優れたクオリティを実現している。

XeSSの優れた画質の唯一の例外は、Intelが解決しなければならないいくつかのバグにまつわるものだ。まず、草木や衣服に異常なフリッカーが発生し、これが時に激しくなることがある。また、水や泥のある場所では、激しいジッタリングが発生し、非常に気になることがある。

ezgif 4 a5632c56f1
このような動きのある問題は、静止画ではわかりにくいが、実際にゲームをプレイしてみると、とても目立つ。中央がIntel版、左がNVIDIA版、右がアップスケーリングなしのバージョン(Image Credits: Digital Foundry)

これらの明らかなバグ以外にも、Digital Foundryのレビューでは、IntelがAIアップスケーリング市場において真剣勝負を挑んでいることが示されている。Intelがビデオゲーム業界で広く採用されているDLSSとFSRに対抗するには、できるだけ多くの採用を集める必要があるだろう。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする