あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Intel「Arrow Lake」と「Lunar Lake」が2024年に登場と改めて表明 – GPUとNPUの両方でAI性能が3倍向上

Intelは、CESで行われた “Intel Client Open House Keynote”の最後のセグメントとして、Intel EVP兼クライアント・コンピューティング・グループ担当GMのMichelle Johnston Holthaus氏は、今年後半に予定されているIntelのクライアント・チップに関する簡単な最新情報も提供した。

Holthaus氏はデスクトップ向けのArrow Lakeとモバイル向けのLunar Lakeの両方が順調に進んでおり、今年後半には発売される見込みであることを改めて強調し、完成したArrow LakeチップとLunar Lakeチップの実物を初めて披露した。

Arrow Lakeは、 Intel Core Ultraアーキテクチャをゲーム用の高性能デスクトップPCに拡張したものになる。Holthaus氏は、Arrow LakeがAI機能を備えた初のPC向けゲーミング・プロセッサーになると述べた。AMDは同日、AIアクセラレーション機能を搭載した独自のRyzenチップを発表したことから、実際にはAMDに先を越されてしまったわけではあるが。Intelが一般的なMeteor Lakeの設計をラップトップ用に使い、それを(おそらく)ソケット型フォームファクターに搭載するのは、ラップトップ用APUをデスクトップPCにも再利用するというAMDの現在のアプローチを彷彿とさせる。

Intel Meteor Lake Client CPU With On Die LPDDR5x Memory

Holthaus氏はまた、Lunar Lakeがラップトップ向けに今年登場することも発表した。これらのチップは現在、Intelのパートナーに出荷されている。

「この製品に関する我々の実行力は素晴らしく、すでにパートナーにシステムを出荷していることをうれしく思います。実際に稼働しており、非常に好調です。そして、Lunar Lakeはまさに薄型軽量PCのための次のレベルのAIパフォーマンスなのです」とHolthaus氏は語った。

このチップを実際に公開したことで、数年前からIntelが進めてきたことがついに実を結ぶ。Intelはオンパッケージ・メモリを搭載したCPUをついに実現するのだ。デモチップは、チップの片方の端に2つのDRAMパッケージ(おそらくLPDDR5X)を搭載しているが、IntelがCoreチップのパッケージに通常のDRAMを搭載したのはこれが初めてだ。オンパッケージ・メモリは、さらなる省スペース化を可能にし、CPUからマザーボードに沿って配線する必要がある重要なトレースの数を削減できるため、薄型軽量ノートPCベンダーにとって特に興味深いものである。この技術は、AppleのMシリーズSoCで最もよく知られている。

Holthaus氏は、物理的なチップを披露するだけでなく、期待される性能とアーキテクチャについても簡単に語った。Lunar Lakeは、CPUコアのIPCを「大幅に」向上させる予定だ。一方、GPUとNPUはそれぞれ3倍のAI性能を提供する。Intelがこれをどのように実現するかはまだ不明だが、少なくともGPU側では、統合GPU内でXMXマトリックスコアを提供することはまだないことがわかっている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする