Intel、企業のAI製品開発を支援するイニシアチブを発表

masapoco
投稿日 2023年10月21日 7:30
ai chip image

Intelは、ソフトウェア開発者と社内のエンジニアリング・リソースをつなぐ「AI PC Acceleration Program」を開始する。その目的は、AI対応のアプリや機能の開発を促進し、顧客がPCで新しいAIハードウェアをフルに活用できるようにすることだ。Intelは、AIがコンピューティング体験を向上させると考えており、このプログラムによって2025年までに1億台以上のPCでAIが利用可能になると期待している。

Intelはこのほど、AI PC Acceleration Programと名付けられた新たな取り組みを発表した。このプログラムは、ソフトウェア・ベンダーやハードウェア・ベンダーにリソースを提供し、AI機能を搭載し、12月14日に発売が予定されているコードネーム「Meteor Lake」のCore Ultraモバイル・チップを活用できるAI搭載機能を開発できるようにすることを目的としている。

newsroom intel ai pc infographic
(Credit: Intel Corporation)

このプロセッサーは、Intelがニューラル・プロセッシング・ユニット(NPU)と呼ぶAIアクセラレーターを内蔵した初の製品である。しかし、NPUを搭載するだけでは、人々が新しいコンピューターを購入する十分な理由にはならない。Intelは、購入者にAIアクセラレーションが必要であることを納得させる必要がある。

Intelによると、このプログラムは、Inteパートナー・アライアンスのAIアクセラレーター・イニシアチブの延長線上にあり、これまでに100社以上のソフトウェア・ベンダーと300以上のAI搭載機能が参加している。参加者の中には、Adobe、Zoom、Filmore、Wondershare、Audacity、Webex、BlackMagic、XSplitなどが含まれ、チップメーカーは、このプロジェクトが2025年までに1億台以上のPCでAIを実現すると予測している。

プログラムの一環として、Intelによれば、リソースには技術的専門知識、ハードウェア、共同エンジニアリング、共同マーケティングの機会、設計リソース、およびPyTorchやTensorFlowのようなフレームワークを使って学習させたモデルを変換・最適化するオープンソースのツールキットであるOpenVinoのようなAIツールキットが含まれる。最終的な目標は、Meteor Lakeの新技術を活用することだ。

Intelのクライアント・テクノロジー担当シニア・ディレクターであるRobert Hallock氏によると、IntelがAI機能の構築に関するプロジェクトに関与するのは今回が初めてではないという。同社はサーバーやデータセンター向けの取り組みも行っており、その結果、より多くのAI対応ソフトウェアが生まれている。同氏はまた、関心のある関係者はオンラインでプログラムに登録する必要があり、インテルが参加資格を判断するとも述べた。

Intelは、AIがライブビデオコラボレーション、ストリーミング、オーディオエフェクト、コンテンツ作成、ゲームなど、いくつかのカテゴリーにわたって消費者のコンピューティング体験を向上させると予測している。

しかし、AI PCムーブメントを推進するのはIntelだけではない。AMDは今年初め、AIタスクのためのハードウェア・アクセラレーションを特徴とする7040Uシリーズ・プロセッサーを発表し、そのフラッグシップモデルであるRyzen 7 7840Uは、Apple M2と競合するIntel Core i7-1360Pの両方を凌ぐと主張している。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • MediaTek Dimensity
    次の記事

    新たなDimensity 9300のベンチマーク結果は高クロックであってもAppleのA17 Proに及ばないことを示している

    2023年10月21日 8:54
  • 前の記事

    Googleとスタンフォード大学、量子系における測定の役割を理解するためのブレークスルーを達成

    2023年10月21日 7:23
    time space blackhole

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事