あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

ピーナッツアレルギーを治療する画期的な歯磨き粉が登場

ピーナッツアレルギーは食物不耐症の一種であり、重篤で生命を脅かす可能性のある反応を引き起こすことがある。ピーナッツアレルギーは、免疫系がピーナッツに含まれるタンパク質を有害なものと誤って認識し、アレルギー発作を誘発することで発症する傾向がある。

ピーナッツは最も一般的な食物アレルゲンの一つであり、ピーナッツ・アレルギーは他の食物に対するアレルギーよりも成人期まで持続する傾向がある。そしてこのアレルギーは、特に欧米諸国では一般的である。ピーナッツ・アレルギーの有病率は増加傾向にあり、米国では人口の約2.9%がこの症状に苦しんでいると推定されている。

ピーナッツアレルギーを治療する方法のひとつに、免疫療法のひとつである口腔粘膜免疫療法(Oral Mucosal Immunotherapy、OMIT)がある。OMITは、口腔内の粘膜を特異的に標的とすることで、特定のアレルゲンに対する免疫系を徐々に減感作することを目的としている。

耐性の育成

OMITでは、少量のアレルゲンエキスを口腔粘膜に投与する。この方法は、免疫学的変化を誘導し、次にアレルゲンに遭遇したときにアレルギー反応ではなく寛容をもたらすと考えられている。

今回、研究者らは、ピーナッツ・アレルギーの人が反応を起こす可能性を減らすために、OMITを利用した歯磨き粉を開発したとのことだ。

「OMITは、特別に調合された歯磨き粉を使って、アレルゲンとなるピーナッツ・タンパク質を口腔内に送達します。ピーナッツタンパク質の送達メカニズムとしてのOMITは、食物アレルギーの減感作に大きな可能性を秘めています。OMITは標的を絞って送達し、投与が簡単であるため、アドヒアランスの改善という目標をサポートします」と、米国アレルギー・喘息・免疫学会のメンバーであり、この研究の著者でもあるアレルギー専門医のWilliam Berger医学博士は語った。

研究者らは、18歳から55歳までのピーナッツ・アレルギーを持つ32人の被験者を追跡調査した。参加者の3分の2にピーナツ歯磨き粉を与え、残りはプラセボを与えた。ピーナッツ歯磨き粉の量は、48週間の実験期間中に徐々に増やされた。

その後、個人の免疫系がピーナッツなどのアレルゲンに反応しているかどうかを判断するために最適化された血液検査を用いて、探索的バイオマーカーの評価を行われた。実験期間中、特に投与量を増やす段階では安全性が重視され、参加者が極端な反応を示さないように注意深く観察された。

重篤な副作用なし

Berger博士によれば、歯磨き粉を投与された被験者の100%が、事前に指定された最高用量に一貫して耐え、重篤な全身反応を報告した被験者はいなかった。表面化した数少ない副作用は、口腔内のかゆみなど、軽度、局所的、一時的なものであった。

また、97%のアドヒアランス率も報告されている。このことから、この新薬は食事に過敏症のある人に特に適しており、弱い立場の人々のアレルギーに対処するための安全な選択肢を提供するものである。

この歯磨き粉の初期テストと結果は、若者にとってこの製品が潜在的に有益であることを強調しており、非常に勇気づけられるものだ。ピーナッツの誤食から長期的に保護するために、歯磨き療法を継続的に使用することをさらに評価するために、より長期的な試験も計画されている。


論文

参考文献

研究の要旨

背景

ピーナッツアレルギー(PA)は小児食物アレルギーの代表的疾患であり、アナフィラキシーの一般的な原因である。しかしながら、成人集団におけるピーナッツアレルギーの有病率や特徴、また成人発症と小児発症のピーナッツアレルギーの間に表現型の違いが存在するかどうかについては、ほとんど知られていない。

目的

本研究では、成人PAの現在の米国集団レベルの負担について述べる。

方法

2015年と2016年に電話およびウェブによる横断的食物アレルギー調査を実施し、40,443人の成人について全国を代表する複合調査加重データを得た。報告された食物アレルギーは、特定のアレルゲンに対する症状がIgE介在反応と一致する場合に「確信的」とみなされた。

結果

米国成人の現在の自己報告によるPAの有病率は2.9%で、1.8%が確信的なPAを有していた。ピーナッツアレルギーを有する成人の17%以上が、成人になってからピーナッツアレルギーを発症したと報告した。小児期に発症したピーナッツアレルギーの成人では、75.4%が医師によるピーナッツアレルギーの診断を受けたと報告したのに対し、成人期に発症したピーナッツアレルギーの成人では58.9%にとどまった。過去1年以内に食物アレルギー関連の救急外来を受診した頻度は同程度であったにもかかわらず(ピーナッツアレルギーを有する成人の約5人に1人)、小児期発症のピーナッツアレルギーを有する成人は、成人発症のピーナッツアレルギーを有する成人と比較して、現在エピネフリンを処方されている可能性が有意に高く(それぞれ56% vs 44%;P=0.02)、エピネフリン自己注射器を使用している可能性が高かった(48% vs 35%;P=0.01)。

結論

米国の成人約460万人がPAを有しており、そのうち80万人は18歳以降にPAを発症したようである。小児期発症のPAと成人発症のPAの表現型の違いをさらに検討することで、成人PAの理解と管理が向上する可能性がある。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする