あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Appleの最新ソフトウェア・アップデートが今月リリースされると、ユーザーは現在のスマートフォンにはないメンタルヘルスとウェルネスの機能を利用できるようになる。Apple WatchとiOSのヘルスアプリで、Appleはヘルスケア技術分野で確固たる地位を築こうと長い間努力してきた。しかし、この新機能は、スマートテックにおいて普遍的なものとなっている標準的な心拍数、睡眠、カロリー、フィットネストラッカーの域を超えている。

新しい気分トラッカー(「心の状態」と名付けられた)は、ユーザーに不規則な瞬間(不快なものから楽しいものまで)と毎日の気分の評価を求める。メンタルヘルスに関するアンケートでは、うつ病(PHQ-9スクリーニング・ツールを使用)と不安症(GAD-7スクリーニング・ツールを使用)の予備的なスクリーニングを行い、ユーザーにリスク・レベルを警告し、地域の免許を持った専門家につなぐことができる。

最後に、Appleは、写真、テキスト、音楽/ゲーム/テレビ履歴、位置情報、フィットネスなどのユーザーデータを収集し、ユーザーに一日の全体像を提供できる日記アプリ「ジャーナル」を発表する。

Appleのエコシステムを使っている人なら、それが広範でパワフルであることを知っているだろう。真のApple信者は、ほぼすべてのデジタル体験にApple製品を使うだろう。

つまり、Appleはユーザーの生活について独自の洞察を得られる立場にあるということだ。彼らがiOS 17で提案しているのは、本質的にユーザーに鏡をかざし、テクノロジーとのインタラクションを通して彼らの生活を見られるようにすることだ。

精神状態のトラッキング

テクノロジーが人々のメンタルヘルスへの関わり方をどのように変化させるかを研究する心理哲学者として、また熱心なAppleファンとして、私はできるだけ早くこの新機能を試してみたかった。私は7月にパブリック・ベータ版ソフトウェアをダウンロードし、この新しいテクノロジーにどのようにアプローチするかについて私の洞察を共有したいと思う。

心の状態を把握するツールの使い方は簡単だ。iOS 17にアップデートした後、ヘルスケアアプリを開くと、自分の精神状態のトラッキングを開始するよう促される。特定の時間(例えば、今日の午後2時30分にどう感じたか)の状態を記録するか、1日の精神状態を記録するかを選ぶことができる。

精神状態のスライドスケールは視覚的に魅力的だ。「不快」な選択肢にスライドすると画面が青くなり、「快適」な選択肢にスライドするとオレンジ色になる。

IMG 4633

まず、ユーザーの精神状態を表すと思われる感情のリスト(例えば、「不安」、「満足」、「幸せ」、「興奮」など)と、その精神状態に寄与していると思われる要因のリスト(「仕事」、「友人」、「時事問題」など)があらかじめ用意されている。ここでユーザーは、ログに含まれる具体的な何かを書き込むことができる。

毎日使う場合は、毎日の精神状態のカレンダーと、週、月、年の精神状態のサイクルを視覚化したグラフにアクセスできる。任意のデータポイントをクリックすると、その日の詳細、ユーザーが記録した瞬間的な気分、ユーザーが提供したコンテキストが表示される。

ユーザー・インターフェースは、Appleがすでに記録している他の健康指標と同様に機能する。消化しやすいデータを提供するミニマルなデザインだ。ユーザーはアプリのホーム画面で、他の健康データと一緒に精神状態の測定基準にアクセスできる。

IMG 4634

メンタル・ウェルビーイングの機能を使う場合、その導入はトランスヒューマニズム(人間とテクノロジーの融合、最終的には人体をテクノロジーに置き換える)に一歩近づくものだと思わざるを得ない。

iPhoneとApple Watchは、単なる体力測定(ワークアウトのトラッキング、カロリー計算)ではなく、私という人間を総合的に測定することができる。私の活動的な人生だけでなく、精神的な人生も定義することができる。Appleブランドによる私という人間の定義をスクロールすることができるのだ。最終的には、Appleが理想とする自分になれるのだ。

表面的には、私が活動的で十分な睡眠をとっているとき、その日をより高く評価することが多いということは参考になる(AIでなくてもわかることだが)。しかし、研究者として私は、使用する測定値や解釈者としてのバイアスに基づき、データが教えてくれることには限界があることを知っている。

平均的なAppleユーザーはこのデータをどう解釈するのだろうか。そして、望ましいグラフになるように自分の生活を形作るようになるのだろうか。

哲学者の故Ian Hackingは、人々と彼らに与えられたラベルとの間にループ効果があると述べている。私たちが使っているアルゴリズム主導のソフトウェアでも、ループ効果は顕著だ。研究者たちは、人々のTikTokフィードが、彼らが与えたフィードバックからAIが引き出す洞察を信頼し始めるにつれて、彼らの自己概念を反映するようになることを発見した。

しかし、TikTokのアルゴリズムは自己概念を創造するための白紙ではない。人々をマーケティング・カテゴリーに分類し、広告主に売り込むために設計されているのだ。

Appleはあなたのデータを売ろうとはしていない。同社のプライバシー・ポリシーには、「Appleは、独自のマーケティング目的で個人データを第三者と共有することはない」と書かれている。しかし、同社の健康アプリは、同社の企業命令と同社が作りたい世界を反映している。

AppleのTim Cook CEOはTime誌のインタビューで、「Appleの人類に対する最大の貢献は、人々の健康と幸福を向上させることだ」と語っている。

Appleは理想の会社だ。性能のスペックを強調する従来のコンピュータ・マーケティングに比べ、Appleは、Macを使ってどんなユーザーになれるかを宣伝することでコンピュータを販売した先駆者だ。これが「Think Different」キャンペーンの目的だった。Appleがコンピュータの性能に関する技術的な詳細を説明する場合でも、派手なビジュアルと曖昧な表現を使うため、競合他社と比較して自社製品を正確に評価することは難しい。

Apple WWDC22 M2 chip GPU perf vs power 03 220606
Appleはこのようなグラフを提供しているが、比較ツールとして価値があるほどの情報は提供していない。むしろ、Appleのブランディングを反映したものであり、コンピュータの性能の詳細に関心のないユーザー向けに提供されている。 (Credit: Apple)

Appleのメッセージは明確だ:「Appleユーザーは単にハイテク製品を所有する人ではなく、クールでクリエイティブ、カラフルで個性的な人」であるべきなのだ。これで、彼らも健康で適応できるようになる。

しかし、企業の使命は、その核心が利益を上げるために存在するため、空虚なものになりかねない。Appleの企業としての成功は、消費者を自分のものにする能力から来ている。

緊密なエコシステムによって、ユーザーはあらゆるデジタルニーズをAppleに依存するようになる。そのエコシステムにヘルスを統合することで、そのユーザーは自分の幸福もAppleに依存するようになるかもしれない。人々がApple自身を自己概念に組み込むとどうなるかはわからないが、より良い消費者になり、より生産的な従業員になるかもしれない。究極的には、これが企業のメンタルヘルスにおける目標なのだ。

スパの日や5分間のヨガ休憩がメンタルヘルスの改善には遠く及ばないのと同じように、iOS 17がAppleの期待する医療革命であるかどうかは定かではない。


本記事は、Owen Chevalier氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Your iPhone will soon be able to track your mental health with iOS 17, but what are the implications for your well-being?」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする