あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

SamsungとSK hynixがAI産業からの注文の急増により、HBM3の市場での支配を目指していることが報告されている。AI GPUの需要の高まりに伴い、HBMの需要も急速に増加しており、特にNVIDIAのH100などのAI GPUがその需要を牽引している。

SK hynixは、同社の第3四半期の収益報告において、来年にかけてのHBMの全注文が完売したことを公表している。Samsungにおいても同様の状況が見られる。HBMは、高速な転送速度、広い帯域幅、そして増加したメモリ容量を提供することから、AI GPUにとって欠かせないコンポーネントであるため、これらの企業はHBMの開発に力を入れているのだ。

現在、HBM産業において最大の市場シェアを持つSK hynixであるが、Samsungをはじめとする競合他社も追い上げを見せている。SK hynixは最近、NVIDIAやAMDからの注文を確保し、次世代のHBM3EメモリをNVIDIAを含む潜在的なクライアントにサンプリングしているの。

HBM3eの登場は、業界に新たな転換をもたらすと見られ、大幅な性能向上が期待されている。これはNVIDIAのBlackwell AI GPUやAMDのInstinct MI400sに搭載される見込みである。メモリメーカーは、HBM3eに対する高まる期待に応えるべく、施設の開発を急ピッチで進めている。SK Hynixは、今後5年間でHBM産業が60-80%増加すると予測し、同社の市場シェアが支配的な状態を維持すると見ている。

Samsungに目を向けると、同社は最近「Shinebolt」と名付けられたHBM3eメモリを発表し、競合他社よりも速い速度を提供するとしている。AI開発の急速な進展は、AI産業の成長を促し、新たな市場参入者にとっての隙間を生み出しているのである。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする