あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

米国ハーバード大学の物理学者Avi Loeb氏が、太平洋の海底から50個の小さな球状の鉄片を発見した

Loeb氏はこの発見を2014年1月の火球の通過と結びつけている。流星は、地球の大気圏に突入するすべての物体を追跡する米国防総省のセンサーによって観測された。火球は他の流星よりも速く移動し、最終的にパプアニューギニア付近の南太平洋上で分裂したと記録されている。

この天体のデータは、NASAの地球近傍天体研究センター(CNEOS)によって保管されている。流星の正式名称はCNEOS 20140108で、IM1(星間流星)とも呼ばれている。

file 20230707 21 5ea08a
球体の発見を報告するLoeb氏 (Credit: NewsNation/Youtube, CC BY-SA)

火球を観察することから、それがエイリアンの宇宙船だと主張することまで、科学的には非常に大きな飛躍がある。Loeb氏の主張の根拠となる証拠は何か?また、それが真実である可能性はどの程度あるのか?

オウムアムア、恒星間彗星

恒星間宇宙からの訪問者、オウムアムア(‘Oumuamua)彗星は、すでに少なくとも1度目撃されている。オウムアムアの正式名称である1I/2017U1の出現は、確かに珍しい出来事だった。この天体は2017年、太陽系を離れる際に観測された。その軌道は、惑星のほぼ円軌道や彗星の楕円軌道とは異なっている。

彗星の軌道をさかのぼっていくと、科学者たちは彗星が太陽系の最外縁をはるかに超えたところからやってきたことを発見した。彗星の形はカメラに収められていなかったが、彗星が回転する際に光が反射する様子から、横から見ると葉巻のような、上から見ると皿のような奇妙な形をしていることが示唆された。

file 20230706 23 ul92t8
オウムアムア彗星 (Credit: ESO/M. Kornmesser, CC BY-SA)

2018年に書かれた思慮深い論文の中で、Loeb氏は「オウムアムア」は自然起源ではなく人工起源、つまり異星文明の産物かもしれないと推測した。彼は、太陽系内の星間デブリを探し続けるべきだと提案した。

そのようなデブリを追い求めるため、Loeb氏のチームはCNEOSのデータベースを調査し、珍しい軌道特性を持つ天体を探した。そこでCNEOS 20140108を発見し、その高速度から星間流星であることを示唆した。

Loeb氏は火球の経路をモデル化し、IM1からの破片が堆積すると思われる南太平洋の特定の地域を特定した。強力な磁石を使ってその地域を浚渫(しゅんせつ)した結果、IM1からの物質が見つかったと彼は主張している。

しかし、宇宙船はともかく、本物の星間残骸を発見した可能性はあるのだろうか?

宇宙の球体?

回収された金属球の直径は約半ミリである。過去にもいくつかの探査隊が海底から宇宙からの球体を回収している。

このようなサンプルを最初に発見したのは、1872年から76年にかけてのHMSチャレンジャー号である。海底から浚渫(しゅんせつ)された物質には多くの金属滴が含まれており、当時は極めて正確に「宇宙からの球体」と表現された。宇宙からの飛沫が球状なのは、隕石が大気を通過する際に表面から引き裂かれた溶融物質が固化したものだからである。

その後、20世紀を通じて行われた探査でも、海底に宇宙からの球体が発見されているが、その特定は難しくなっている。チャレンジャー号の探検から150年の間に、地球上の汚染物質が増加したためである。

1872年当時、ヨーロッパでは産業革命が黎明期にあり、南半球にはほとんど存在しなかった。そのため、「フライアッシュ」(石炭を燃やしたときに出る廃棄物)や自動車から出る粒子などの汚染はごくわずかだった。これらの汚染物質の多くは、外観が球形で、組成が金属である。

今日では、工業プロセスや自動車から発生する製品はいたるところにある。したがって、球体の組成を実際に分析し、隕石(および一般的な地球汚染物質)の分析結果と比較しなければ、地球外物質と特定することはできない。

恒星間物質?

しかしLoeb氏は、この物質が宇宙から来たというだけでなく、恒星間空間から来たものだと考えている。

これは事実ではない。地球には恒星間物質が豊富にある。その一部はほぼ間違いなく海底にあるが、Loeb氏が採取したような形ではない。

私が言っている星間物質にはいくつかの種類がある。星と星の間の空間である星間物質は空ではなく、いくつかの異なる分子を含んでいることは天文学者によく知られている。これらの分子の一部は、太陽系が形成され始めた宇宙空間に紛れ込んだ。

星自体もまた、進化したり超新星爆発を起こしたりして、星間物質に寄与してきた。この物質の一部は、小さなダイヤモンドやサファイアとして、太陽が誕生する前に生滅した星の貴重な形見となっている。これらの微粒子は、太陽系を形成するために崩壊した塵雲の一部となり、最終的に隕石となって地球に運ばれた。

エイリアンの宇宙船?

Loeb氏が、この物質が地球外から飛来したものであるという証拠は、星間起源はともかくとして、かなり揺らいでいる。彼は金属球を発見した。私(そして他の多くの人々)がこれらの球体が地球外物質であると認めるには、確固たる分析的証拠が必要だ。組成は?年代は?地球汚染物質は除外できるのか?太陽系内の地球外物質による破片を除外できるか?

球体を分析した結果、主に鉄で、微量金属がわずかに含まれていることがわかった。

太陽系から飛来した隕石には鉄とニッケルが含まれており、これは太陽におけるこれらの金属の相対的な存在量と同じである。しかし、この球体には「無視できる」量のニッケルが含まれており、太陽系内の流星でないことはほぼ確実である。しかし、これは恒星間物質であることを証明するものではなく、地球上の汚染物質である可能性を高めているに過ぎない。

最も説得力のある証拠は、球体の年齢が太陽の年齢よりも高いことである。

それは驚くべきことだが、必ずしも自然起源ではなく人工起源であるとは断定できないだろう。どのような証拠がこれを十分に説得力のあるものにするのかはわからないが、それは宇宙船を作ったエイリアンのエンジニアのサインだろうか?


本記事は、Monica Grady氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Physicist who found spherical meteor fragments claims they may come from an alien spaceship – here’s what to make of it」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする