あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

最近の調査によると、Googleが他の競合となる大手テクノロジー企業から従業員を最も多く引き抜いている企業である事が明らかになった。

この調査はSwitch On Businessによって行われ、Google(Alphabet)、Amazon、Apple、Meta、Microsoft、IBM、Tesla、Oracle、Netflix、NVIDIA、Saleceforce、Adobe、Intel、Uberなどの企業を対象に行われた。従業員のLinkedInプロフィールを分析し、各テック大手で現在働いている従業員のうち、以前は他の企業のいずれかに勤めていた従業員を抽出し、各企業から他の企業へ転職した従業員の数と割合を算出した結果を集計したものだ。この調査は、ビジネスの成功において従業員が果たす重要な役割を浮き彫りにしている。

Switch On Businessによると、特に、MetaとGoogleは、他のテック企業で働いた経験がある従業員の割合が最も高いことが判明した。Metaの従業員の26.51%が他社の大手テクノロジー企業で働いていた経験があり、Googleも24.15%の従業員が他の大手テクノロジー企業からの転職だった。Metaは実に4分の1が他のテック大手で働いていた従業員で構成されていることになる。「採用ライフサイクルを通じて、採用チームは様々なチームと部門横断的に協力し合っています」とMetaの採用マネージャー、Joanne K氏は説明する。

IBMはヘッドハンティングが最も少なく、現在の労働力のわずか2.28%が他の大手テクノロジー企業で以前に働いていた従業員だった。この主な理由は、IBM が社内でのスキル開発に注力していることにあるという。

ただし、数だけで見ればGoogleはMetaを超え、トップの38,316人である。そしてその内訳は面白く、Microsoftから12,018人がGoogleに引き抜かれているのだ。

05 Competitors that Google Employees Worked At and Left For

Microsoftは、13.86%で6位にランクインしているが、総数で見れば27,246人で2位に付けている。Googleに多数引き抜かれているMicrosoftが、逆にどこから人材を引き抜いているのかだが、それはどうやらIBMのようだ。

07 Competitors that Microsoft Employees Worked At and Left For

Appleも多くの人材を引き抜いているが、特にIntelからの流入が多いのが印象的だ。かつて密接な関係にあった両社だが、現在はAppleが独自チップに切り替えたことで袂を分かっている。だが、その移行の過程でチップ開発のために人材を引き抜いたのだろう。また最近遅延が報じられるAppleの独自モデム開発だが、Intelモデム部門の買収の際には2,000人の人材もついてきた。

04 Competitors that Apple Employees Worked At and Left For

ここで取り上げたテック企業は特に有名だが、最近のAIブームによってAI関連スタートアップ企業とメガテックとの人材の奪い合いも熾烈になって来ている。

特にChatGPTで有名なOpenAIとGoogleの間では多額のオファーで人材の獲得合戦が行われている事が報じられていた

AI関連の人材を自社に引き込もうとするテック企業の姿勢で特に象徴的なのが、先日のOpenAIのCEO解任劇だろう。Sam Altman氏が突如CEOの職を追われた際には、MicrosoftのCEOのSatya Nadella氏は、Sam Altman氏にMicrosoftの先進的なAIチームの責任者としてMicrosoftに加わるようすぐにオファーを出した。この計画はAltman氏がOpenAIに戻ったため実現しなかったが、加えてMicrosoftが瞬時に500人以上の従業員を自社の労働力に吸収する姿勢を見せ、Microsoftは報道から数日足らずのうちに、OpenAIからMicrosoftに移行する従業員数百人分をサンフランシスコのLinkedInオフィスで受け入れる計画を立てていたとも伝えられている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする