あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

2023年第3四半期の世界のPC市場は引き続き減少も、底を打った可能性とGartnerが発表

調査企業Gartnerは、世界のPC出荷台数が前年同期比9%減の6,430万台になったと発表した。これで世界のPC市場は8四半期連続の減少となったが、来期はこの傾向に歯止めがかかるかもしれない。

このデータについて、Gartnerのディレクター・アナリスト、Mikako Kitagawa氏は次のようにコメントしている:

「PC市場の落ち込みがようやく底を打ったという証拠があります。第3四半期は、教育市場からの季節需要が出荷台数を押し上げましたが、企業向けPCの需要は引き続き低調で、一部の伸びは相殺されました。また、ベンダー各社はPCの在庫削減に向けて一貫して前進しており、年末商戦が崩れない限り、在庫は2023年末までに正常な状態に戻ると予想されます」。

この引用の最後にあるコメントは興味深い。インフレ率や生活費の逼迫を考えると、PCへの支出を控えるほど予算が圧迫される可能性もある。

PCベンダーの中で、出荷台数が伸びたのはHPだけで、それも6.4%という控えめなものだった。意外なことに、出荷台数が最も減少したのはAppleで24.2%の減少だった。競合他社が減少している中、Appleの出荷台数は今年持ちこたえたからだ。

最も出荷台数が多かったのはLenovoの1,610万台で、市場シェア全体の25.1%を占めた。Appleのシェアは9.7%で、11.7%から減少した。

Gartner社によると、Appleの出荷台数が減少したのは、昨年第3四半期に供給の混乱が緩和され、出荷台数が大幅に増加したためだという。Gartnerによると、新学期が始まった当時は学生や教師が主な牽引役だったという。

今後の見通しについて、Kitagawa氏は次のように語った:

「PCベンダーにとって朗報なのは、2023年末までには最悪期が終わる可能性があるということです。ビジネスPC市場は、Windows 11のアップグレードに牽引され、次の買い替えサイクルの準備が整っています。消費者向けPCの需要も、パンデミック中に購入されたPCがリフレッシュサイクルの初期段階に入りつつあることから、回復に向かうはずです」。

2024年の世界PC市場は4.9%成長するとGarterは予測しており、ビジネス分野とコンシューマー分野で成長が予測されている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする