あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

世界最大級の半導体受託製造企業 TSMC の元報道担当者は、先週米国議会を通過した数十億ドル規模の半導体資金調達法案は、半導体業界を揺るがすには不十分な規模あるとする推測を述べている。この法案は「アメリカCHIPS法」と呼ばれ、米国内に製造施設を開設するか、新しいチップ製造技術、特に3ナノメートルより小さいフィーチャーサイズのノードを研究開発するセンターを開設することを目指すチップ企業に、政府の資金援助を約束するいくつかの条項を含んでいる。

広報担当者のコメントは、Bloomberg Technologyが開催したTwitterでのインタビューで、彼女は法案の規模とTSMCの設備投資を比較し、大規模な施設を設立するための表面はほとんど傷つけられないという議論を展開したものだ。

インタビューは今週初めに行われ、Bloomberg Technologyの代表者が、2003年から2019年まで16年間TSMCに勤務したElizabeth Sun氏と、同社の創業者Morris Chang博士にインタビューしたものである。

対談は、Sun氏が、もうTSMCで働いていないので、彼女の意見は会社を代表するものではなく、あくまで彼女自身の意見であることを明らかにするところから始まった。また、Sun氏は、自分が入社した2003年当時、業界ではTSMCに対する賞賛の声ばかりだったと、かつての勤務先を賞賛した。

途中、「米国、EU、日本、中国のうち、半導体産業が発展する可能性が高いのはどの地域か」という質問が出たが、Sun氏は以下のように答えている。

さて、これは非常に複雑な問題ですが、すでに述べたように、半導体産業はグローバルなサプライチェーンが確立されたグローバルな産業でした。しかし、突然のことです。ここ数年、突然、すべての地域や国が競争について話し、国内で独自の完全なサプライチェーンを構築しているとします。なるほど。それが本当に価値のあることなのかどうか、私にはよくわかりません。本当に必要なことなのでしょうか?それは本当に可能なのか?そして、それが可能だとしても、どれくらいの時間がかかるのか。ですから、私はサプライチェーンのねじれを解消するためにリソースを使うべきだと思います。何十億もの資金を投じて、あちこちに分離・分散した製造能力を構築する代わりに、業界は新材料や設計アーキテクチャ、新しい半導体アプリケーションの研究開発に賢くリソースを使うべきだと思います。

Elizabeth Sun氏

その後、「米国政府が、チップの国産化を進めたいのは理解できるが……」と指摘した。

米国政府が半導体産業を復活させようとしていることを非難するつもりはありません。半導体産業は重要な産業であり、今のところアメリカはこの産業でまだリーダー的存在だと思います。しかし、生産能力を増強するために使うお金は、実はそれほど意味のあるものではありません。TSMCが1年間に費やす設備投資額を見れば、520億ドルというのは大した金額ではありません。520億ドルで何ができるのでしょうか?第二に、なぜ研究開発にお金を使わないのか。研究開発、材料、アーキテクチャ、革新的なアプリケーションにリソースを使えば、より大きな配当が得られます。

しかし、地政学的な対立があるため、安全保障に支障をきたしていると言いますが、安全保障は複雑です。1つの要素が欠けるだけで、このサプライチェーン全体が行き詰まるのですから、1つの要素が欠けても、何十、何百の要素が欠けても、本当に問題ではありません。1つの要素が欠けても、何十、何百の要素が欠けても、すべてが行き詰まるのです。では、ある時点において、必要なものがすべて国内にあると断言できるのでしょうか?それは現実的ではありません。現実的ではありません。

ですから、その代わりに、協力的なモデルを作り上げるべきなのです。政治家は、世界の間であまり対立しないようにする必要があります。

Elizabeth Sun氏

「チップ産業が健全であるためには、世界平和が必要ではないか」という問いかけに、Sun氏は同意し、次のように答えた。

その点は、半導体産業が存在する限り、過去数十年にわたり実証されてきました。常にそうだったのです。それが突然、別の意図を持った自己奉仕の企業や、自己奉仕の政治家が現れて、対立をエスカレートさせるんですか?それは賢明ではありません。

Elizabeth Sun氏

Sun氏によれば、チップ製造業は継続的に利益を上げることが難しい産業であり、コロナウイルス発生後の記録的な需要が、企業の財務諸表でのこの真実を覆い隠してしまったという。さらに、この業界は資本集約的で技術集約的であるため、新規参入者が既存企業に追いつくのはほとんど不可能であるとも述べている。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする