2027年までに史上初の恒久的な海中コロニーを建設へ

masapoco
投稿日 2023年9月16日 10:36
02 DEEP Sentinel Seafloor scene

人類の存続のため、まだ見ぬ宇宙に目を向ける人もいれば、母なる海に目を向ける人々もいる。英国を拠点とするエンジニアリング企業DEEPは、海中における「永続的な人類の存続」を実現するための一歩を踏み出したと発表した。同社によれば、2027年を目処に、一度に最大28日間、水深200メートルの海中で生活できるような、未来的なモジュール式住居の提供が開始されるという。

彼らのビジョンの核心は、水中環境を研究する科学者のための居住スペース、共同スペース、研究ラボを提供するカスタマイズ可能なステーション、水中居住施設「SentinelTM」である。

「私たちは海を保護する必要があります。そのためには海を理解する必要がある。海は、世界が直面している多くの世代的課題の中心に位置しており、また、私たちがまだ理解さえしていない機会も与えてくれる。海は少なくとも私たちが呼吸するすべての源である。天候に影響を与える。気候にも影響を与える。DEEPのヨーロッパ、中東、アフリカ部門の社長であるSteve Etherton氏は、声明の中で次のように述べている。

「しかし、この生命を維持する生態系は驚くほど未知のままです。私たちの革新的な技術によって、DEEPは科学者が深海で長時間活動することを可能にし、少しでもこの生命を育む環境の理解に貢献できることを願っています」と彼は続けた。

Sentinelによって、科学者らは最大水深200メートルで最長28日間水中生活を送ることができる。これによって、世界の大陸棚のほとんどにアクセスできるようになるが、さらに重要なことに、この深さまで潜れることで、表層水、つまり「太陽光」帯のすべてにアクセスできるようになる。表層域の下限は、太陽光が海洋に浸透する最も深い地点であり、海洋生物の90%はこのゾーンに生息していると推定されている。

同社によれば、海面からの侵入を行うだけでなく、この海域の全範囲を包括的に探査できるようになれば、科学者が海洋を観察、監視、理解する方法が一歩変わることになるという。

これまでの海洋探査は、表面からの短時間の侵入に限られていた。DEEPのテクノロジーは、私たちが海洋を研究し、海洋と相互作用する方法に激震的な変化をもたらし、この重要な生態系をより総合的に理解することを約束する。

DEEPシステムは、以前よりも根本的に効果的な水中生活・活動方法を提供する。これまでの水中施設は、一時的で固定された場所に設置されていた。DEEPの居住施設は、モジュール式で、拡張性があり、自律的で、回収可能で、再構成可能で、再展開が可能である。耐用年数は20年とのことだ。

DEEPによれば、モジュールは理論上、「再生可能な電力」を燃料とし、衛星通信ブイにリンクされる。また、定期的にタンクを空にすることなく、すべての廃棄物を処理できる大規模なバイオリアクターを開発中だという。

04 DEEP Sentinel Great Hall scaled
09 DEEP Sentinel Mezzanine Lab scaled
08 DEEP Sentinel Galley scaled
05 DEEP Sentinel Galley Layout scaled
06 DEEP Sentinel Bedroom Layout scaled
07 DEEP Sentinel Bathroom Layout scaled
04 DEEP Sentinel Great Hall scaled
09 DEEP Sentinel Mezzanine Lab scaled
08 DEEP Sentinel Galley scaled
05 DEEP Sentinel Galley Layout scaled
06 DEEP Sentinel Bedroom Layout scaled
07 DEEP Sentinel Bathroom Layout scaled

DEEPは、以前はナショナル・ダイビング&アクティビティ・センターとして知られていたイギリスの水没した採石場を、訓練、テスト、研究のための長さ600メートル、深さ80メートルの水深のある施設に作り変えようとしている。

「DEEPはステルス・モードから脱却しつつあります。私たちはすでに、国際的なパートナー候補や、長期的な視野で地球のニーズを考えている人たちと話をしています。彼らは、海洋を保護し管理することは、人類にとって無視できないほど素晴らしいことだと認識しているのです。新たな海洋/ブルーエコノミーにまつわるテーマを見ると、製薬研究、炭素回収、革新的な医薬品におけるチャンスと解決策を耳にする。これは、私たちがどのように協力し、来るべき世代のために海洋と協力し始めることができるかということです」と、DEEPのSean Wolpert米州社長は述べている。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • iphone 12 1
    次の記事

    Apple、電磁波への懸念を受けフランス国内でiPhone 12へのソフトウェアアップデートを実施

    2023年9月16日 13:37
  • 前の記事

    A17 Pro VS A16 Bionic:Appleの最新チップセットはどれだけ進化したか?

    2023年9月16日 10:04
    06445a9eeeb2cffcbcb358f784849b51

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事