AIと人工衛星データがこれまで追跡されてこなかった信じられない数の“暗黒船”を明らかにする

masapoco
投稿日 2024年1月5日 7:20
GFW visualization all activity North Sea with key

世界の海で最も交通量の多い海域の新たな分析により、これまで知られていなかった新たな事実が浮かび上がってきた。2,000テラバイトにも及ぶ衛星データから、漁船の約4分の3、輸送船やエネルギー船の最大30%が公に追跡されていないことが明らかになったのだ。

海洋は人類にとって不可欠な資源であり、10億人以上の人々が主要な食料源として海洋に依存しており、2億6000万人が世界の海洋漁業に従事している。飛行機が世界中を飛び回る時代になったが、貿易品の約80%が海上輸送され、世界の石油の30%近くが海上で生産されている。

その重要性を鑑みれば、我々はすべての船舶航行がどのような影響を及ぼしているのか、既にしっかりと把握出来ていると思うかもしれない。しかし、新たな調査によれば、多くの船舶がレーダーの目をかいくぐって航行しているのだ。

「新たな産業革命が、これまで発見されることなく、私たちの海に出現しています。陸上では、地球上のほとんどすべての道路や建物の詳細な地図があります。対照的に、海洋における成長は、これまでほとんど人目に触れることがなかった。この研究は、死角をなくし、海における人間活動の広さと激しさに光を当てるのに役立ちます」と、論文の共同主執筆者であるGlobal Fishing Watchのリサーチ&イノベーション・ディレクター、David Kroodsma氏は声明で述べている。

この研究は、2017年から2021年までの衛星画像とGPSデータを照合し、ディープラーニングモデルを使って97%以上の精度で海上の物体を分類した。研究チームは、海洋における産業活動の「前例のないビュー」を提供する一連の驚くべき視覚化で発見をマッピングした。

分析中、常に平均63,000隻の船舶が検出された。特筆すべきは、世界的にマッピングされた産業漁業の72〜76%は公的な監視システムには表示されず、実質的な過少報告が浮き彫りになったことである。その大半は、上の地図にあるように、アフリカと南アジア周辺で操業している。

「自由に利用できるデータセットと技術によって、潜在的に違法な活動のホットスポットを示すことができ、職人漁場や他国の(排他的経済水域)に侵入している産業漁船を特定することができます」と、著者らは書いている。

違法漁業は食糧資源を脅かし、絶滅の危機に瀕した海洋生物の混獲が管理されない危険性もある。漁船の往来をより正確に追跡できるようになれば、この問題との闘いに一役買うことになる。

認識されていない漁船に加え、およそ4分の1の輸送船とエネルギー船も同様に追跡されていないことが判明した。船舶は座標を放送する義務がないため、船舶が「暗礁」に乗り上げる唯一の理由が違法行為にあるとの指摘はない。しかし、このことと、海洋インフラ・プロジェクトの詳細がしばしば非公開にされるという事実が結び付き、現在のような状況に陥っている。

Global Fishing Watchは、データを公開することでこの状況を変えようとしている。

「人新世の足跡は、もはや地上だけにとどまりません。海洋産業化をより完全に把握することで、漁業、海運、石油・ガスといった既存の産業活動に加えて、洋上風力発電、養殖、採掘といった新たな成長が急速に進んでいることがわかります」と、共著者であるデューク大学海洋地理空間生態学教授のPatrick Halpin氏は言う。

収集された情報は、船舶や海洋活動から大気中に放出される温室効果ガスの量を測定するためにも利用できる。これらの排出の程度を理解することは、温室効果ガス全体の排出削減を目指す政策を形成する上で貴重な情報となる。

「この人間活動の写真は、海洋の産業利用がどのように変化しているかのスナップショットでもある。COVID-19は漁業活動の抑制に大きな役割を果たしたかもしれないが、それでも漁業は他の海洋産業よりもはるかに減少している」と、研究では述べられている。

拡大するブルーエコノミーは1.5~2.5兆ドルと評価され、海洋再生可能エネルギー、水産養殖、鉱業を含む。

しかし、この成長は環境悪化の一因となっており、魚類資源の3分の1が持続可能なレベルを超えて操業し、重要な海洋生息地の30〜50%が人間の工業化によって失われている、と研究者たち研究の中で指摘している。

「この研究は、海洋管理と透明性における新しい時代の幕開けを告げるものです」と、Halpin氏は述べている。


論文

参考文献

研究の要旨

世界の人口は、食糧、エネルギー生産、世界貿易のためにますます海洋に依存しているが、海洋における人間の活動は十分に定量化されていない。我々は、衛星画像、船舶GPSデータ、ディープラーニングモデルを組み合わせ、2017年から2021年までの世界の沿岸海域における産業船舶活動とオフショアエネルギーインフラをマッピングした。我々は、世界の産業漁船の72-76%が公に追跡されておらず、その多くが南アジア、東南アジア、アフリカ周辺で行われていることを発見した。また、輸送・エネルギー船の活動の21~30%が、公的な追跡システムから漏れていることもわかった。世界全体では、2020年のCOVID-19パンデミックの開始時に漁業は12±1%減少し、2021年までにはパンデミック前のレベルまで回復していない。対照的に、運輸とエネルギー船の活動は、同期間中、比較的影響を受けなかった。洋上風力発電は急成長しており、風力タービンのほとんどは海洋の狭い領域に限られているが、2021年には石油構造物の数を上回る。我々の海洋産業化マップは、海洋における最も広範で経済的に重要な人間活動のいくつかの変化を明らかにしている。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • bard advanced 3 months
    次の記事

    Google、高度なAIチャットボット「Bard Advanced」を有料で提供か?カスタムボットや共有機能等も登場の可能性

    2024年2月10日 14:13
  • 前の記事

    Qualcomm、XRヘッドセット用最新チップ「Snapdragon XR2+ Gen 2」発表、片目あたり4.3Kの解像度を実現

    2024年1月5日 6:07
    snapdragon xr2 gen 2 samsung and google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事