ついにiPhoneがUSB-Cに対応するが、なぜAppleはLightningにこだわり続けたのか?

The Conversation
投稿日 2023年9月16日 6:33
usb c lightning

Appleは長年にわたり、デバイスへの給電や充電のためにさまざまなケーブルを設計・販売してきたが、徐々にすべての製品をUSB-C充電器に切り替えている。

最後に切り替えたデバイスはiPhoneだが、これはAppleの意に反して実現した。昨年10月、欧州委員会はすべての携帯電話とノートパソコンの製造業者に対し、USB-Cコネクター(これは以前に共通規格として合意されていた)への切り替えを要請した

Appleはこの要求を無視してEUでの販売を停止することも、欧州単一市場向けにのみUSB-Cを搭載したバージョンを生産することもできた。しかし、AppleはEUのルールに従うことを選択した。こうして、少なくとも世界がワイヤレス充電に完全に移行するまでは、すべてのデバイスに共通の充電器が現実のものとなりつつある。

より優れた規格

Lightningコネクタは2012年にAppleによって発表され、iPhone 5で初めて採用された。2003年に初代iPodとiPhone用に導入された30ピン・ドックコネクタの後継となるものだ。Lightningケーブルの目に見える重要な革新は、裏表のない差し込み口だ。

これによってユーザーは、充電器の向きが正しいかどうかを気にすることなく、ドックに挿入できるようになった。今となっては些細なことに思えるかもしれないが、これは他の充電器にはなかったことだ。今、ノートパソコンの標準USBポートを使っている人は、正しい向きを探すためにケーブルを差し込んだり取り出したりするのに多くの時間を費やしていることだろう。また、それがいかに不便であるかについても不満を抱いていることだろう。少なくとも私はそうだ。

USB-Cコネクターは、Lightningの約2年後に登場した。Appleのケーブルと比べて、特に目新しさや注目すべき点はなかった。しかし、特筆すべき点は、Lightningコネクタのリバーシブル性を借用していることだ。

USB-Cはコネクタの名称であり、ケーブル全体ではない。ケーブルとコネクタは、USB-4と呼ばれる大きな技術仕様の一部である。USB-4は、考えられるあらゆる技術的側面でLightningを凌駕している。USB-4は、Lightningの480Mbps(メガビット/秒)に対し、最大40Gbps(ギガビット/秒)と、より高速にデータを転送できる。また、デバイスの充電速度も向上しており、AppleはLightningからUSB-Cへの変換アダプタの販売を開始したほどだ。

しかし、両者の主な違いは、UBS-Cが独自規格ではないことだ。UBS-Cは USB implementer forumと呼ばれるコンソーシアムによって開発された。このコンソーシアムは、IntelやMicrosoft、そしてAppleなどの企業で構成されている。

USB規格はすべて、どの企業でも使用することができる。一方Appleは、ライセンスに同意しない限り、自社独自のアクセサリーを他者が使用することを認めていない。つまり、USB-Cは最近のApple製品すべてを含む、より多くのデバイスと互換性があるが、以前はiPhoneとは互換性がなかった。

他と違うことをすると得をする

では、Lightning接続の何が特別で、競合他社に共通規格を提供すると何度も約束したにもかかわらず、AppleがLightning接続にこだわり続けたのだろうか?なぜAppleは、標準以下の充電接続を維持することで、自社の携帯電話の一つを妨害するのだろうか?

一つの可能性は、消費者が携帯電話を購入する際に不注意であり、充電器などのアクセサリーのコストを直接考慮しないことである。もしこれが本当なら、Appleはこれらのアドオンを独自仕様のままにしておき、競合他社が低価格で提供し始めることができないようにする必要があったはずだ。もしそうなら、Appleがより良い標準を提供することを強制することは、すべての消費者に利益をもたらすことになる。

別の説明としては、Lightning接続をより重視する消費者もいるということだ。結局のところ、外観は異なっており、Appleファンは他の規格よりも装着しにくいのではないかと主張している。また、ステータスや独占性を示すシグナルでもある。

スマートフォンの市場では、日常的な使用にしか関心のない人々がデバイスを買い替える頻度がかなり低くなる段階に来ているようだ。これはおそらく、テクノロジーがかつてのようなペースで進化していないからだろう。とはいえ、ハイエンドの携帯電話に対する需要が増え続けているのも事実だ。

これは、カメラの画質がわずかに高かったり、ストレージがわずかに大きかったりすることに大きな価値を見出す消費者の一部に対応しているからかもしれない。しかし、ほとんどの場合、高価な携帯電話は社会的地位を示す手段である。

人々が最新のスマートフォンを買うのは、それを所有したいからだけでなく、それを所有していると見られるためでもある。Appleは、安価な代替品とは明らかに異なる製品を提供しているため、これがAppleの繁栄を支えている要因であることは間違いない。そして、Appleユーザーのもうひとつのステータスの証は、独自の充電器を含む、さまざまなアクセサリーを持つことだ。

Appleは常に共通規格を拒否してきたわけではない。USBコンソーシアムの参加企業のひとつであるだけでなく、第1世代のiMacにUSBを搭載することで、USBが世界標準になるきっかけを作った企業でもある。

しかし当時、Appleはパソコン市場において、巨大ハイテク企業Microsoftと対決する劣勢に立たされていた。当時、多くの人がApple製コンピューターを買わなかった大きな理由は、Microsoft製品との互換性がないのではないかという不安だった。

一時期、Appleはユーザーが自分のデバイスでウィンドウズを動かすのを助けるツールを開発するまでになった。当時は、マーケットリーダーの製品とできるだけ互換性を持たせようとすることは理にかなっていた。

今日のスマートフォン市場において、Appleはリーダーであり、他の規格や製品との互換性を持たないことで利益を得るかもしれない。しかし、大きな問題は、消費者が利益を得られるかどうかである。独占が競争を阻害する手段であるならば、消費者はおそらく利益を得られないだろう。消費者が独占性を重視するのであれば、あるいはAppleの技術革新を促すのであれば、強制的な標準化はそれほど素晴らしいアイデアではないかもしれない。


本記事は、Renaud Foucart氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Apple has switched from its Lightning connector to USB-C — we explain which is better and why they did it」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です