Embracer Groupが複数のゲーム関連企業の買収を発表。『指輪物語』関連の知的財産権も獲得へ

masapoco
投稿日
2022年8月18日 17:57
embracer group logo

先日、日本のSQUARE ENIXが傘下のEidos Interectiveなどを買収したことで大きな話題となった、スウェーデンの企業グループ Embracer Groupが再び大型買収をやってのけた。Gearbox Entertainment、THQ Nordic、Dark Horse Mediaなどの子会社を持つ、一般にはあまり知られていないこの会社は、今回、フィジカルゲーム専門のLimited Run Gamesを皮切りに、新たな買収を複数行っている。

今週Embracerが発表した買収リストには、Limited Run Games、カラオケ技術企業のSingtrix、周辺機器メーカーのGioteck、ゲームスタジオのTuxedo Labs、Tripwire Interactive、TATSUJIN、Bitwave Gamesが含まれる。ゲームに焦点を当てた買収と同時に、Embracerは、ビデオゲーム、テーブルトップ、映画などでの使用をカバーする『The Lord of the Rings(指輪物語)』と『The Hobbit(ホビット)』の知的財産権も取得した

今回の買収の一環として、Embracerは、Embracer Freemodeという11番目のオペレーティング・グループを立ち上げている。この新グループは、「レトロ、クラシック、ヘリテージゲームカテゴリーの事業活動」と「象徴的なゲーム&エンターテイメントプロパティ」に焦点を当てているとのことだ。

Limited Run Games、Gioteck、SingstrixはすべてFreemodeの下で買収されており、この新グループが物理メディアとハードウェアに焦点を当てることを示唆している。Freemodeは、また、元東亜プランの弓削雅稔氏が代表取締役を務めるTATSUJINを日本での初の傘下スタジオとして加えることを発表。自らを「モダンレトロゲームスタジオ」と称するBitwave Gamesも、Freemodeの下で買収されている。Middle-earth Enterprisesの買収も、Embracer Freemodeによる

また、別の2つのスタジオの買収は、Embracerの子会社であるSaber Interactiveの下で行われた。このうちTuxedo Labsは、ボクセルベースの破壊ゲーム『Teardown』を開発した小さなスタジオだ。Tuxedoのスタッフはわずか6名で、スタジオを率いるDennis Gustafsson氏は、ゲーム物理学の専門家として知られている。更にSaber Interactiveは、協力プレイFPS『Killing Floor』シリーズや、鮫ゲー『Maneater』で知られるスタジオTripwire Interactiveも買収している。

さらにEmbracerは、まだ公表できないゲーム関連の買収をもう1件行ったことを明らかにし、未知の買収が “3番目か4番目の取引に含まれる範囲にある”と予告している。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • born to fly dji
    次の記事

    DJIが8月25日に「Born to Fly」イベントを開催 – うわさのFPVドローン「Avata」が発表か?

    2022年8月19日 6:26
  • 前の記事

    TSMCが3nmプロセスでの製造を9月に開始

    2022年8月18日 16:14
    tsmc company entrance
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • 1536d27f595456fe27f2deb7c629e1c3

    TEXALサイト移転のお知らせ

  • new ps5 design

    PS5 Pro向けの優れたグラフィック要件を満たすタイトルには「PS5 Pro Enhanced」ラベルが付けられる可能性がある

  • Intel glass substrate 5

    Appleがガラスコア基板の採用に向けて協議を進めている

  • 91e8dabaf1443f77337f70a1a1d01707

    中国ハイテク大手Huawei、2023年の利益は2倍超に

  • Image SN 2023ixf Zimmerman

    超新星による爆発をほぼリアルタイムで観察することに成功した

今読まれている記事