あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Elon Musk氏は、同氏がTwitterを買収する際に支払った金額440億ドルに対し、現在のTwitterの価値は200億ドルであると考えているようだ。これは、Musk氏が、従業員に200億ドルの評価額を基に株式付与すると通知したことと合わせて、The Informationによって伝えられている。

昨年、Musk氏はTwitterの株価が1株あたり54.20ドルで「明らかに高すぎる」と発言。また、Twitter上のボットの存在に関する虚偽の情報が原因で買収を断念しようとしたこともあった。

Musk氏は、Twitterが2,500億ドルの評価額を達成するために「明確だが困難な道のり」があると述べている。もしこれが実現すれば、現在の株式付与額は将来的に10倍の価値になるだろう。Musi氏が所有するSpaceXと同様、Twitterも特定の期間に従業員が株式付与を現金化できるようにするとのことだ。

また、Musk氏はTwitterを破産から救うために、数多くの(批判も多い)変更を矢継ぎ早に加えており、Twitterを「逆スタートアップ」と捉えていることも伝えられている。しかし、新たな200億ドルの評価額は、新しいブルー認証サブスクリプションや一部の悪質ユーザーを復活させた「general amnesty」ポリシーなどの抜本的な変更がもたらした課題を反映していると考えられる。

Twitterは、これらの変更の結果、かつての大手広告主の一部を失っている。Voxが報じたところによれば、Musk氏の買収前にTwitterで広告を出していた上位1,000社のうち、半数以上が現在は広告を出していない。これが、同社が抱える借金の問題や未払い請求書に対処する上で役立っていないことは明らかだ。未払いの請求書には、家賃、アドバイザリー会社、プライベートジェット会社などが含まれているとされている。

これらのことから、Elon Musk氏がTwitterを買収した際の高い評価額に対して、現在の評価額が低下していることが伝わるだろう。しかし、彼は困難を乗り越え、Twitterの価値を向上させるための道筋を見出していると考えているようだ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする