2023年第4四半期のDRAM価格は最大8%上昇の見込み

masapoco
投稿日
2023年10月14日 6:39
ktc hero memory beast ddr5 md 740x370 1

調査会社TrendForceは、第4四半期にDRAMとNANDフラッシュの価格が3~8%上昇する可能性を指摘した。同社によると、価格の上昇は、生産者が減産を維持するかどうか、また、実需がどの程度回復するかによって決まり、サーバー市場が「重要な決定要因」になるという。

TrendForceによると、ほとんどのメーカーはこれ以上の値下げに抵抗があり、実際には「積極的な値上げ」を望んでいるとのこと。PCのDDR5価格はすでに第3四半期に上昇しており、第4四半期に上昇すればハードウェアのコストはさらに上昇するだろうとしている。

サーバー側では、Samsungは特にサーバー用DDR4の減産を強めている。TrendForceによると、これによりサーバー用DDR4の在庫が逼迫しており、このセグメントの価格上昇は避けられないという。

TrendForceによると、メーカーはDDR5の生産量を増やすことで、利益を得ようとしている。

だがここ1年ほど、消費者は物価が高騰しているため、パソコンやスマートフォンの購入を控えている。このような余剰在庫により、メモリなどの部品に対するニーズもそれほど高くないため、価格を押し下げる要因となっている。

少し前のGartnerによる報告では、第3四半期の全世界のPC出荷台数は再び減少したが、第4四半期は増加するという。出荷台数が増加するということは、在庫のパソコンが減り、生産台数が増え、DRAMの供給もシフトするということだ。

TrendForceによると、デスクトップDDR4の価格は0~5%上昇し、DDR5は3~8%上昇するという。サーバー側では、DDR4価格は安定し、DDR5価格は下落を続けるという。

「DDR5の出荷量は増加傾向にあり、DDR4との価格差は50~60%と顕著であるため、同価格帯の混合ASPは上昇に転じる。このため、第4四半期のサーバー向けDRAM契約価格は四半期ごとに3~8%上昇すると推定される」とTrendForceは述べている。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • jpl psyche mission
    次の記事

    NASA、1000京ドルの小惑星に向かう宇宙船の打ち上げに成功

    2023年10月14日 8:45
  • 前の記事

    量子もつれを使った過去へのタイムトラベルシミュレーションに成功

    2023年10月14日 6:24
    time machine
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • sk hynix complex fab image

    SK hynix、「世界最大のメガファブコンプレックス」に総額13兆円を投資、2027年に最初のファブが稼働へ

  • 01 xpg lancer blade rgb f 1200x695

    ADATA、メモリモジュールの冷却性能を10%高める新しいコーティング技術を披露

  • Loongson 3D500 HPC CPU For China Domestic Server Market Launch Chip Shot 1 scaled 1

    勢いを増す中国のチップ産業 – 世界の経済と安全保障の展望を変える可能性

  • semiconductor wafer

    中国がチップ製造技術を盗んでいると台湾は厳しく非難

  • Qualcomm Headquarters La Jolla

    Qualcomm、Snapdragon 8 Gen 5のファウンドリ選択のためTSMCとSamsungにサンプルを依頼

今読まれている記事