DirectStorage 1.1がPC向けに提供開始、GPUによるデータ解凍で読み込みが最大3倍速く

masapoco
投稿日 2022年11月8日 10:23
DirectX Storage

10月の半ばに、Microsoft(マイクロソフト)はDirectStorage 1.1がPCに「もうすぐ」登場すると発表していたが、ついにその時が来たようだ。DirectStorage 1.1が正式にリリースされ、開発者はゲームにこの技術を使用する事ができるようになった。DirectStorage APIによって、開発者がNVMe SSDからより効率的にデータストリーミングができるようになり、処理のオーバーヘッドを減らすことができるようになるという。これは、XboxシリーズX/Sで採用されている“Velocityアーキテクチャ”の注目すべき機能の1つだったが、新しいAPIは、その素晴らしい機能をPCにもたらしてくれるのだ。

PC向けDirect Storageの最初のリリースでは、CPUへのデータ転送が強化されたが、肝心の機能が実装されていなかった。それが今回の1.1で導入された「GPUを用いた圧縮データの解凍(GPU decompression)」であり、これにより開発者はあらかじめデータをGPUにオフロードすることによって、データの解凍速度も改善され、更なる読み込み速度高速化の恩恵を受けることが出来るようになった。以下は、DirectStorage 1.1とGPUによる解凍がもたらす具体的な内容に関して、Microsoftによる詳細な説明となる。

ゲームでは、没入感のある世界を構築するために膨大な量のデータが必要です。すべてのキャラクター、オブジェクト、および風景は、数百ギガバイトのデータになります。ゲームのパッケージサイズを小さくするために、これらのアセットは圧縮されます。ゲームを実行すると、アセットがシステムメモリに転送され、CPUがデータを解凍した後、最終的にGPUメモリにコピーされ、必要に応じて使用されます。ゲーム機器におけるこれらのアセットの転送と解凍は、ロード時間の短縮に大きく貢献し、オープンワールドのシーンに含めることができるディテールが制限されます。

DirectStorage 1.0は、このプロセスのデータ転送部分を改善します。Windows 11の進歩とDirectStorageの組み合わせにより、開発者はNVMeドライブのより高い帯域幅を利用することができます。NVMeドライブにインストールされたDirectStorage対応ゲームは、最大40%のロード時間短縮が期待できます。パイプラインのこの部分を強化した後、開発者は次に解凍パフォーマンスを向上させたいと思うでしょう。

一般的に、圧縮形式は歴史的にCPUのみに最適化されてきたため、解凍作業はCPUで行われます。DirectStorage 1.1では、これらのアセットの解凍をGPUに移行することで、別の方法を提供しています(「GPU解凍」と呼ばれています)。グラフィックカードは、繰り返し行う作業を並行して行うことができるため、その能力と高速なNVMeドライブの帯域幅を活用し、より多くの作業を一度に行うことができるのです。その結果、アセットのロードにかかる時間が短縮され、レベルのロード時間が短縮され、オープンワールドのストリーミングが向上します。

Microsoftによると、GPU解凍を備えたDirectStorage 1.1は、DirectStorage 1.0に比べて最大3倍の読み込み速度を実現するとのことだ。

PC用のDirectStorageは、PCゲームのパフォーマンスを大きく改善する可能性を秘めているが、あまりサポートされていないのが現状だ。SQUARE ENIX(スクウェア・エニックス)から1月に発売されるForspokenが、この技術を利用する最初のゲームとなる予定だ。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です