NVIDIA GeForce RTX 4080のベンチマークスコアが流出、RTX 3080より最大50%アップの高速化を実現

masapoco
投稿日
2022年11月8日 6:27
RTX4080

発売までもうまもなくとなり、徐々にレビュアーの元にRTX 4080グラフィックボードが届き始めている中、いくつかのベンチマークテストの結果がリークされている。新たに登場したGeekbenchや3DMarkのテストによると、NVIDIAの新たなボードは前世代から大きな性能向上を遂げていることが確認出来る。

Geekbenchのテスト結果

まず、Geekbenchのテストから、GPUは、ASUS ROG Crosshair X670 ExtremeマザーボードとRyzen 9 7950X CPUを搭載したハイエンドシステムでテストされている。76個のCompute Units(Stream Multiprocessors)と9728個のCUDAコアを搭載し、16GBのVRAMを搭載したRTX 4080として正しく認識されている。

RTX 4080は、OpenCL、CUDA、VulkanのGeekbench APIテストでそれぞれ248,932ポイント、300,728ポイント、148,838ポイントを記録している。

公式ランキングによると、RTX 4080はRTX 3080と比較して、CUDAテストで45.7%、OpenCLで37.1%、Vulkan APIで29.9%高速化されている事が分かる。また、Ampereの最速GPU(RTX 3090 Ti)との比較では、5.4%~15.5%高速化されている。

3DMarkのテスト結果

ハードウェアリーカーMEGAsizeGPU氏によって、RTX 4080の3DMark TimeSpyテストのスコアが初めて公開された。公開されたスコアによると、TimeSpyとTime Spy Extremeで、それぞれ14,718と28,599のポイントを記録している。これは、これまでのリークや公式のゲーム性能データから、期待される値とほぼ同様の結果だろう。

MEGAsizeGPU氏は、3DMarkテストのフルスクリーンショットを掲載しており、実環境のGPUクロックも見ることが出来る。RTX 4080のブーストクロックはRTX 4090とほぼ同じ(2508MHz対2520MHz)であり、このテスト中に3.0GHzに近いクロックが見られるのはそのためだろう。ただ、テストされたカードがオーバークロックされたバリエーションである可能性も高そうだ。

3DMark TimeSpyの結果では、RTX 3080の12GBモデル(10GBよりもコア数が多かった)よりも、51%から54%高い性能を発揮しており、Geekbenchのテストよりもこのカードの性能向上幅が大きく評価されている。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • DirectX Storage
    次の記事

    DirectStorage 1.1がPC向けに提供開始、GPUによるデータ解凍で読み込みが最大3倍速く

    2022年11月8日 10:23
  • 前の記事

    Android 13 QPR1 ベータ3.1 が配信開始 – マイナーな修正が実施

    2022年11月8日 6:09
    android 13 thumbnail
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • UXL logo

    NVIDIAのAI市場支配からの脱却を目指しGoogle、Intel、Qualcommらが協力

  • cyberpunk 2077 night city wire june 2020 nvidia geforce rtx exclusive screenshot 001

    Microsoft、SSDを活用し少ないVRAMでもレイトレーシング性能を向上出来る手法の特許を公開

  • nvidia gtc24 skhynix gddr7 2 1920px

    SK hynix、GTCにおいて最大40Gb/秒となるGDDR7メモリを展示

  • GDDR7 DRAM PR main1

    Samsung、NVIDIA GTCで32Gb/秒GDDR7メモリ・モジュールを披露

今読まれている記事