イスラエルの防空システム「アイアンドーム」はハマスの攻撃を防げたのか?

masapoco
投稿日
2023年10月10日 12:26
israel iron dome

10月7日、イスラム系武装組織ハマスによるイスラエルへの奇襲攻撃が行われ、イスラエルだけでも900人の民間人を含む犠牲者が出た。多くの尊い命が失われたが、イスラエルの誇る「アイアンドーム」がなければ、この数は更に多くなっていたことが想定される。

世界最強レベルと言われるイスラエルの防空システム「アイアンドーム」は、2011年から運用されている。Rafael Advanced Defense Systemsによって製造されたアイアンドームは、その精度を向上させるため、10年以上にわたって何度もアップグレードを繰り返してきた。イスラエルとパレスチナの紛争が勃発した2021年には、4500発以上のロケット弾が国境を越えてイスラエルに撃ち込まれた。しかし、当局はこれらのロケットの90%は打ち落とされたと主張している。

アイアンドームの仕組み

アイアンドームは、ミサイル、ロケット、無人航空機(UAV)など、飛来する短距離からの航空的脅威からイスラエル本土を守るように設計されている。これは、ミサイルが射程距離70km内にある間に空中で迎撃することで実現する。

システムは3つのコンポーネントで構成されている。1つ目はマルチミッションレーダーで、飛来する脅威とそのルートを探知する。このレーダーはこの情報をコマンド・アンド・コントロール・センターに伝え、脅威が戦略的に重要な場所や人の住む場所に着陸するかどうかを判断するために軌道を計算する。そうでなければ、脅威は通過することができる。

しかし、脅威によるリスクが高い場合、司令部は発射機にタミール・ミサイルの発射を命じる。近接信管爆破弾頭を装備したミサイルは、空中で脅威を迎撃し、無力化する。

イスラエルはアイアンドーム・システムの砲台を10基以上配備しており、各砲台は4基で構成されている。各ランチャーには20発のタミール・ミサイルが搭載されており、再装填が可能である。

ハマスがアイアンドームを出し抜いた?

ハマスがイスラエル領土を攻撃するために配備しているのは、粗雑に開発されたミサイルである。長年にわたり、テルアビブやエルサレムなどの都市を狙えるよう、ミサイルの射程距離を伸ばす技術を開発してきた。しかし、その試みを成功させるには、アイアンドームの防御力を克服する必要がある。

以前の攻撃では、ハマスが数千発のミサイルを長期間にわたって配備したが、そのほとんどが打ち落とされた。10月7日、ハマスの組織的な攻撃は、20分の間に発射された5000発以上のミサイルの弾幕を送った。

アイアンドームがミサイルを撃ち落とす動画がソーシャルメディアに出回った。しかし、これらのミサイルのうち何発が迎撃されず、戦略上重要な場所に到達したのかは不明である。

イスラエル国防省は、2011年の初期配備以来、アイアンドームをアップグレードしており、2021年には、多数のミサイルからなる一斉射撃に対応できるよう強化した。現時点では、システムが今回の規模の一斉射撃に対応できるかどうかはわからない。

また、今回のハマスによるミサイル攻撃は陽動であり、戦闘員がイスラエル領土内に侵入するための目くらましであった事も指摘されている



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • github copilot chat 2
    次の記事

    GitHub CopilotがMicrosoftに巨額の損失をもたらしている

    2023年10月10日 13:56
  • 前の記事

    中国、2025年までに300エクサフロップスの演算能力達成を計画

    2023年10月10日 11:10
    data centre 2
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • ロシアが計画する宇宙空間への核配備は新たな軍拡競争の火種に繋がる可能性がある

  • Dragonfire Night Shot gov image 960x640

    英国軍、強力なレーザー兵器による空中狙撃試験に成功

  • darpa rtx

    米軍が無線エネルギー供給網の実現に1,000万ドルの契約をRTXと締結

  • war

    人工知能のようなテクノロジーは、戦争への理解を変えつつある

  • photo 2023 10 27 12 22 22

    ウクライナ軍、ロシアによる地雷の除去に完全自動制御のドローンを活用

今読まれている記事