ロシアが計画する宇宙空間への核配備は新たな軍拡競争の火種に繋がる可能性がある

masapoco
投稿日
2024年2月19日 10:37

議会に出回った米国の最新情報によれば、ロシアは核兵器を搭載した宇宙での対衛星兵器を開発しているという。

下院情報委員会の委員長であるMike Turner下院議員(オハイオ州選出)が2024年2月14日、この情報を “国家安全保障上の重大な脅威”と位置づけ、不可解だが憂慮すべき声明を発表した後、この兵器が何なのか推測する報道があふれた。核兵器を示唆する情報もある。またある情報筋は、核弾頭を持たない核兵器を疑っている。

ホワイトハウスは翌日、ロシアが開発中のシステムが宇宙ベースの対衛星兵器であり、もしそれが配備されれば、宇宙空間での大量破壊兵器を禁止する1967年の宇宙条約に違反することを確認した。これに対してクレムリンは、この報道を “悪意あるでっち上げ “だと一蹴した。

正確な兵器はまだ不明だが、今回の出来事は、緊迫した時期に宇宙における核兵器の可能性を提起するものである。米国とロシアの関係は過去数十年で最低であり、ロシアは現在ウクライナで侵略戦争を繰り広げている。

核戦略の研究者として私は、核の世界秩序が大きく変化している時期に、米国の報告書が提出されたことを知っている。中国などは核兵器を拡大し近代化を進めている。イランは核兵器の製造に近づいている。他の国もいずれは自国の核兵器を欲しがるだろう。

同時に、宇宙空間の標的を攻撃するための新兵器を開発している国もある。このリストには、ロシア米国中国インドが含まれているが、現在宇宙空間で兵器を使用している国はない。

冷戦の陰謀

ロシアの宇宙兵器に関する最近の暴露は、各国がいずれ核兵器を宇宙に配備することを決定するかもしれないという不安を煽る。以前にも何カ国かは試みたことがある。

米国ソ連は冷戦時代、宇宙空間での核爆発を研究していた。1960年代後半、ソ連は地球低軌道上に設置し、軌道を外れて核弾頭を地球に運ぶことができるミサイルをテストした。

どちらの国も核兵器を宇宙に永久に配備することはなかった。両国とも宇宙条約と1963年の部分的核実験禁止条約に加盟しており、宇宙空間での核爆発を禁じていた。モスクワとワシントンは、冷戦下の軍拡競争を封じ込めるためにこれらの条約を交渉した。

これらの条約は冷戦後期の行動を制約した。しかし、ロシアの核軍備管理条約違反や、2002年以降米国ロシアさまざまな条約からの脱退は、将来的にはそうでなくなる可能性を示唆している。

宇宙における核兵器

しかし、なぜある国が宇宙核を欲しがるのだろうか?理由はいくつかある。

各国は宇宙から核兵器を地球に向けることができる。理論的には、宇宙からの兵器は早期探知レーダーやミサイル防衛を避けることができる。しかし、宇宙から核兵器を直接発射することには大きなデメリットがある。

地球上の標的を攻撃するために宇宙空間に兵器を設置することには、防衛的あるいは攻撃的な動機があるかもしれない。ミサイル防衛を回避する兵器は、核抑止力を確保するかもしれない。これは、核兵器を宇宙空間に設置した国家に対する侵略を防ぐことを目的とした防衛戦略である。

あるいは、これらの兵器は、ある国が先制攻撃能力を獲得するのに役立つかもしれない。先制攻撃には、敵の核兵器、あるいはそれを管理するために必要な核の指揮・統制・通信システムを、核報復を防ぐために十分に破壊する能力が必要である。

各国が開発中のロシアの兵器のように、宇宙ベースの兵器を宇宙の他の領域に向けることもできる。これは、衝突から地球を守るために小惑星を攻撃する核兵器のイメージを思い起こさせる。

衛星キラー

現実はそれほど劇的ではないが、心配なことに変わりはない。最も可能性が高いのは、敵の軍事衛星を破壊することだろう。航法衛星に損害を与えれば、敵の戦争遂行能力に支障をきたす。精密攻撃兵器地上部隊も、目標を発見し到達するためにGPSやロシアのGLONASSのような衛星コンステレーションに依存している。

各国はまた、宇宙ベースのミサイル防衛など、敵の宇宙兵器を破壊する能力も欲しているかもしれない。このような兵器を配備している国はまだないが、指導者たちは将来の能力を恐れ、この脅威をヘッジするために、まず宇宙兵器を配備するかもしれない。

最も危険なのは、これらの兵器が、ミサイル発射を追跡する早期警戒衛星や軍事命令を中継する通信衛星など、敵の核指揮統制通信システムにとって重要な衛星を破壊または損傷させる可能性があることだ。

核兵器が人工衛星にダメージを与えるのは、核爆発によってガンマ線の波が発生するためである。この放射線は衛星内の重要なサブシステムにダメージを与える

しかし、このような兵器には重大な欠点がある。爆発は、攻撃国、その同盟国、中立国の衛星を含め、ガンマ線の範囲内にあるすべての衛星にダメージを与える。

しかし、宇宙ベースの対衛星核兵器は、攻撃国にとって他の選択肢よりも利点があるかもしれない。地上ベースの対衛星システムは、地球低軌道上のターゲットにしか到達できない

宇宙空間で核兵器を搭載した対衛星兵器であっても、核弾頭がなければ斬新な脅威となる。このような装置は、地上の対衛星兵器よりも射程距離が長く、長期間にわたって任務を遂行できる。どちらの要素も、損害を与えたり破壊したりできる衛星の数を増やすことになる。

国が破壊したいと考える衛星の多くは、地上のシステムの射程を超えた高い軌道上にある。これは、ロシアが狙うと思われる米国のシステムの一部にも当てはまる。

クレムリンが宇宙兵器に関心を持つのは、米国の戦争遂行能力を低下させるため、核の指揮・制御・通信システムを脅かすため、あるいは宇宙ベースのミサイル防衛に対するヘッジのためかもしれない。あるいは、ロシアの防衛産業が利益のために開発を推進する可能性もある。

新たな軍拡競争?

当初の目的が何であれ、核兵器を宇宙に配備することは不安定化させる可能性がある。戦略的安定の普遍的な定義はないが、学者たちはしばしば、軍事的危機の際に核兵器がエスカレートするリスクに基づく危機的安定と、高価で危険な軍拡競争にスパイラルするような行動や反応を各国が回避できる軍拡競争安定の組み合わせと定義している

宇宙を拠点とする核兵器は、危機の際に一国が核兵器に頼るリスクを高める。地球を狙う兵器も、宇宙空間の標的を狙う兵器も、核兵器を先制的に使用する誘因を生む。

どちらの核攻撃も、その脅威が「使うか、それとも失うか」というプレッシャーとなり、敵対国の被害を抑えるために先制核攻撃を行う動機となる。翻って、先制核攻撃はさらなるエスカレーションを引き起こし、最終的には全面核戦争に発展する可能性が高い

宇宙空間に核兵器を配備すれば、新たな軍拡競争の火種になりかねない。宇宙兵器の目的のひとつは、敵国の宇宙兵器を破壊することであるため、米国はロシアの兵器に自国の兵器で対抗するかもしれない。するとロシアは、優位性を保つために新たな兵器で対抗するかもしれない。また、中国のようにアメリカの兵器に反応する国も出てくるかもしれないし、インドやパキスタンがそれに続くかもしれない。

エスカレートする圧力と軍拡競争の脅威は、たとえ先発国が防衛のために宇宙に兵器を設置したとしても存在する。宇宙兵器の導入は、「ある国の安全保障を強化する一方で、別の国の安全保障を脅かす行為に繋がる」という、国際関係学者が安全保障のジレンマと呼ぶものを引き起こす可能性がある。

防衛的な兵器と攻撃的な兵器はしばしば区別がつかない。宇宙ベースのミサイル防衛をヘッジすることで、ある国の安全保障を強化することができる兵器は、核の指揮・統制・通信システムに対して攻撃的に使用することもできる。ある国の指導者たちが、相手国が今日防衛的に行動していると思っていたとしても、相手国が明日攻撃的に行動しないとは限らないのだ。


本記事は、Spenser A. Warren氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Is Russia looking to put nukes in space? Doing so would undermine global stability and ignite an anti-satellite arms race」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • euclid scaled 1
    次の記事

    ユークリッドが6年にわたる暗黒宇宙の調査を開始

    2024年2月19日 10:52
  • 前の記事

    Apple、独禁法違反によりEUで5億ユーロの制裁金を課される恐れ

    2024年2月19日 8:59
    Peakdesign mobile tripod review 08
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • Image SN 2023ixf Zimmerman

    超新星による爆発をほぼリアルタイムで観察することに成功した

  • log 2048

    銀河系巨大ブラックホール周辺の磁場が新たな視点で明らかに

  • aurora

    2017年以来最強の太陽嵐が地球を襲い北半球の多くの地域でオーロラが観察された

  • Low Res A massive and ancient galaxy

    ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡、史上最遠の銀河合体を観測

  • Euclid looking into the Universe

    氷がユークリッドの光学系を覆い始めた

今読まれている記事