Apple、独禁法違反によりEUで5億ユーロの制裁金を課される恐れ

masapoco
投稿日
2024年2月19日 8:59
Peakdesign mobile tripod review 08

Appleは、音楽ストリーミングサービスにおけるApp Storeでの反競争的な行為について、欧州連合(EU)で約5億ユーロ(約800億円)の制裁金が課される可能性があることが、Financial Timesによって報じられている。

Financial Timesはこの件に詳しい5人の情報筋からの情報に基づきこれを報じており、それによるとEUからの公式発表は来月初旬になる可能性があるとのことだ。

この問題は2019年に、Spotifyが、Appleが自社の音楽サービス「Apple Music」以外のより安いサブスクリプションサービスをユーザーが見付けることを妨げているとの訴えから始まった。当時、開発者がアプリ外の別のサブスクリプション・オプションに顧客を誘導することを妨げていたApp Storeのルールに焦点が当てられ、調査が行われた。Spotifyは、Appleの方針がApple Musicとそれ以外のサービスとの競争を弱めていると訴えていた。

Financial Timesのリークによると、EUによってApple自身の行為が違法であることが告げられ、Appleは自社の支払いシステムだけではなく、それぞれの音楽サービスのWebサイトで直接、より安いサブスクリプションが利用可能であると顧客に知らせるよう強制されることになるという。

ちなみに、Appleの決済システムを利用する現行の形では、“Apple税”とも揶揄される30%もの手数料が課される形となっている。これは開発者にとってもユーザーにとっても負担が大きく、Spotifyがユーザーを自社のWebサイトにリダイレクトしてより安いコストでサブスクリプションを受け取ることができないことに対して反対しているのはこの点に関してだ。

AppleもEUも現在進行中のこの調査についてコメントを出していないが、EUがAppleに不利な判断を下した場合、AppleはEUの裁判所に上訴することができ、Appleに有利な判決が下される可能性がある。

Appleは、自社のApp StoreのおかげでSpotifyがヨーロッパを代表するストリーミング・サービスになったと信じており、EUが “メリットのない苦情の追求を終わらせる”ことを望んでいる。

ちなみに、3月に施行される新しいデジタル市場法(DMA)により、AppleはEU域内においては、Spotify Premiumや同様のサブスクリプションの購入に手数料を課すことが出来なくなる。

DMAが施行されるのもそう遠くないので、事態がどのように変化するかすぐにわかるだろう。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • 次の記事

    ロシアが計画する宇宙空間への核配備は新たな軍拡競争の火種に繋がる可能性がある

    2024年2月19日 10:37
  • 前の記事

    Nintendo Switch 2(仮称)の発売は2025年にずれ込む可能性

    2024年2月19日 6:50
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • Apple M3 chip series architecture 231030

    AppleのM3 MaxチップからのUltraFusionインターコネクト削除は新たな巨大チップ登場の前兆か?

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

  • apple iphone 5g

    Apple、未発表のアプリやVision Proに関する情報をリークした疑いで元従業員を提訴

  • Apple iPad Pro Magic Keyboard M2 hero 2up 221018

    新型iPad ProとiPad Airは5月初旬の発売になる可能性が報じられる

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

今読まれている記事