Intel XeSSに対応した『Death Stranding』は、AMD FSR 2.0と比較してビジュアルとパフォーマンスが悪化している

masapoco
投稿日 2022年9月30日 14:41
deathstranding dc

AMD FSR2.0と、先日のアップデートで新たにサポートされることになった、Intel XeSSアップスケーリングテクノロジーによって、『Death Stranding: Director’s Cut』のパフォーマンスとビジュアル品質はどの程度差が生じるのか?この興味深い実験を、KyoKat PC GameplayがYouTubeで公開してくれており、結果としてIntelのアップスケーリングテクノロジーが、AMDのテクノロジーに及ばないことが明らかになってしまった。

Intelによる鳴り物入りのテクノロジーであっただけに、この結果は非常に興味深いものとなる。

ただし、タイトルによって差が出てくるのか、最初に登場した『Shadow of The Tomb Raider』について、Digital Foundryによるテストでは、FSR 2.0をビジュアル・パフォーマンスの両面で上回っており、印象的な結果を残していた。

Intel XeSS対応タイトルについては、今後続々登場することが期待されるが、これを見ると、タイトルによってそのパフォーマンスはまちまちと言えそうだ。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です