あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

NVIDIAがGeForce RTX 4090を発売して以降、コネクタが溶けてしまう事例が複数報告されている。様々な要因が考えられる中で、Corsairの電源エキスパートである “JonnyGuru”氏は、この問題はユーザーのエラーに原因があるのではとしている。

この、「RTX 4090メルトダウン問題」については、第一報の後、第三者による調査で、NVIDIAが提供した、Astron製の12VHPWR 16ピン電源コネクタに問題があるという報告もあったが、その後に今度は、ATX3.0対応電源から直接取った12VHPWRでの接続でもコネクタが溶けてしまった事例が報告されており、NVIDIAもその後沈黙を守っていることから、実際何が原因なのか未だ分からない状況だ。

今回、トラブルの原因の一つとして、JonnyGuru氏は、ユーザーが16ピンの「12VHPWR」コネクタケーブルをグラフィックスカードに完全に挿入していない可能性があり、その場合、接続自体に問題が生じ、ワイヤーが溶けてコネクタがオーバーヒートしてしまうことが、メルトダウンの原因ではないかと述べている。

この指摘自体は、これまでにも何度かネット上で行われてきたことだが、今回JonnyGuru氏はこの結論に至るまでの経緯を報告している。

NVIDIA 16 Pin 12VHPWR Cable Connector Adapter 1

まず、JonnyGuru氏はCorsair HX1500iを使用し、NVIDIAの16ピン「12VHPWR」アダプタに接続された3本のPCIeケーブルを利用した。テストに含まれるのは、温度を監視するためのサーミスタと、ケーブルがそれほど曲がらないようにするためにワイヤの周囲を結ぶことだ。問題を開始するために、コネクター、特に接続部をハンダ付けした接合部の耐久性にダメージを与え始めた。そのテストの後も全てはそのままで、温度は53℃と高いままであった。

NVIDIA 16 Pin 12VHPWR Cable Connector Adapter 2

次に、接続部が溶けてゆがんだ既知のケースをすべて調査し、公表されている写真をすべて見直し、破損していない接続部と溶融や過熱の問題の一部となった接続部とを比較した。そして、すべてのメーカーに共通する点を見出し、ひとつの結論にたどり着いた。

12VHPWRのコネクタはどれも挿しにくいので、焼き付く可能性があります。

…完全に挿入するのは非常に困難です。

JonnyGuru氏は、ケーブルまたは接続部が損傷している画像で、GPUに完全に接続されていないことに気づいた。彼は、NVIDIA GeForce RTX 4090グラフィックスカードを所有し、同じことが起こるかもしれないと心配しているユーザーには、誘電体グリース(最小限の量)を電源コネクタに使用することを推奨している。

NVIDIAがこの問題を最優先で扱っていることは知られているが、同社は、これが始まって以来、詳細や回答を明らかにしていない。一方、PCI-SIGからの新たな通知として、16ピン「12VHPWR」ケーブルの新しいリビジョンが2022年12月6日までに公開されることを示唆する可能性があることが共有されている。最新のレビューゾーンでは、ECRまたはEngineering Change Requestが作成され、2022年12月20日までにクローズされる予定だ。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする