認知的柔軟性:ビジネスや仕事で成功する方法を科学する

The Conversation
投稿日
2023年4月18日 16:16
meeting
The Conversation

2022年の流行語大賞に選ばれた「permacrisis」は、「永久に危機にある」という感覚を指す言葉だ。ビジネスの世界では、ここ数年、継続的でますます頻度の高い混乱に直面していることは確かだ。COVID-19、多くの人の離職、地政学的な出来事、そして今、ChatGPTのような洗練されたAIの出現などである。

このような変化は、リーダー、人事担当者、政府、ビジネススクールに、組織が常に適応する必要があることだけが不変であることを明白に思い出させた。実際、変化する環境を予測し、そこから学ぶ能力は、企業にとってますます重要となっている。

でも、具体的にどうすればいいのだろうか?まず、柔軟な人材が必要だ。しかし、単に「柔軟であれ」「適応せよ」と言っても、「賢くあれ」「創造的であれ」「幸せであれ」と言うのと同じ程度の効果しかない。同様に、自分がどの程度柔軟であるかを評価するよう求めるのは、自分のポジティブな資質とネガティブな資質を評価するよう求めるのと同じくらい信頼性に欠ける。

幸いなことに、私たちの研究は、精神的柔軟性を訓練し評価するためのエビデンスに基づく方法を考え出した。

組織研究において、「適応型リーダーシップ」、「適応型セールスフォース・ビジネス・アジリティ」、「アジャイル企業」といった用語が、ビジネスの回復力とパフォーマンスを決定する重要な要素として繰り返し取り上げられている。新興企業や革新的な企業は、リソースの不足を補うために、さらに適応性と柔軟性を高める必要がある。もちろん、そのような組織に所属する個人も同様である。

実際、現代の労働者全体が、テクノロジーに支配され、スキルや役割が急速に陳腐化する環境の中で生き残るためには、高いレベルのキャリア適応性が必要だ。全体として、適応型組織は間違いなく重要なビジネスモデルとして台頭してきています。現代経済の複雑性に対応できる唯一の考え方であろう。

適応的であることの重要性については、多くの人が同意すると思われるが、適応的な行動の根底にある認知能力については、ほとんど理解されていません。どのように評価すればいいのか、そして重要なのは、このような思考をどのように訓練すればいいのかが不明なのだ。現実には、柔軟性とは一体何なのか、自分が柔軟性を持っているのか、そしてそれをどのように実践すればいいのか、人々は知らないのだ。

結局のところ、「頭がいい」「能力がある」「教育を受けている」、あるいは「社会的・感情的スキルが高い」だけでは、柔軟な行動は保証されないということだ。

認知的柔軟性の力

最近、認知神経科学の研究が確立され、認知的柔軟性と呼ばれる機能が注目されています。この実行機能(計画を立てたり目標を達成したりするのに役立つスキルの一種)は、異なる概念やパターンを切り替えて使うことを可能にします。また、新規の環境や変化する環境において、目標達成や問題解決のために選択を適応させることも出来る。

認知的柔軟性は、不確実な状況下での学習や複雑な状況での交渉に役立つ。これは、単に意思決定を変えるということではない。より高い認知的柔軟性は、戦略が失敗したときに素早く気づき、戦略を変更することを含むのだ。

認知的柔軟性の重要性は、臨床患者さんで初めて発見された。この機能は、前頭前野や線条体回路など、意思決定に関わる脳の領域を関与させる。神経疾患や精神疾患によってこの回路が機能不全に陥ると、思考が硬直し、適応できなくなることがある。

認知的な柔軟性は、現実世界の多くの場面で必要とされる。最も高いレベルの適応力を必要とする労働者のカテゴリーは、間違いなく起業家である。起業家は、アイデアの創出だけでなく、資源配分や社会的交流の面でも柔軟性を発揮する必要がある。

実際、私たちのこれまでの研究で、起業家は高級管理職と比較して、認知の柔軟性が高いことが明らかになっている。この柔軟性が、問題解決やリスクの高い意思決定を成功に導くのだ。また、この柔軟性が社会的な意思決定にも反映されることも実証している。起業家は、他人を信頼するかどうか、いつ信頼するかという点で、より柔軟である。

心を高める

認知的柔軟性は、主観的な自己評価を用いて測定される、一般的で定義が不明確な用語としてしばしば使用されてきた。しかし、認知神経科学では、より正確に定義し、客観的に測定するためのテストを用意している

ワーキングメモリーなどの認知プロセスは、知能レベル(IQ)と強く結びついているため、比較的修正することができない。一方、認知的柔軟性は、IQとそれほど強く結びついていないため、訓練できる可能性がある。例えば、認知トレーニングによって、脳の神経回路を修正し、強化することが出来るかも知れない。

介入策としては、「柔軟で適応的であること」についてのセミナーは、おそらく成功はごく限られたものだろう。しかし、簡単なゲームを使ったコンピュータによる適応的なトレーニングによって、間接的に認知的柔軟性を鍛えることができる可能性は意外とあるようだ(これはまだ研究中のことだが)。

研究者たちは、新しい言語の習得やより多様な社会的相互作用など、より「自然」な方法を模索している。

最終的に、認知的柔軟性をより良く評価し、トレーニングするためには、自己申告による評価を、コンピュータテストを含む、より多様で客観的な方法で補うことが重要である。これは、脳反応の直接的な変化のモニタリングと並行して行われるべきものだ。このような脳の変化が、学業成績やキャリアアップといった実社会の成果にどのように関係しているのか、もっと知る必要があるのだ。

テクノロジーとイノベーションの急速な発展は、金融サービス、再生可能エネルギー、気候変動科学、グローバルヘルスなど、多くの産業で働く人々に深刻な課題を与えています。つまり、挑戦的で新興の分野で機会があれば、新しいスキルを身につけなければならないのだ。教育も究極的には、それに合わせて変化していく必要がある。

不確実性の中で適切な意思決定を行うことが非常に重要になってきていることは間違いない。


本記事は、Barbara Jacquelyn Sahakian氏とGeorgios Christopoulos氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Cognitive flexibility: the science of how to be successful in business and at work」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • monster humter now
    次の記事

    『モンハン』の位置情報ゲーム『モンスターハンターNow』をポケモンGo開発スタジオが発表

    2023年4月18日 16:28
  • 前の記事

    GPTZeroとPeerceptiv、学生レポートへの生成AI検出で連携

    2023年4月18日 15:45
    gpt zero
この記事を書いた人
The Conversation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • judgment

    犯罪を予測するアルゴリズムが監視し、配られたカードで私たちを判断する

  • stress face

    154件の研究から、怒りを抑えるには、“感情を爆発させるよりも冷静になる”方が効果的であるかが明らかになった

  • 054e66f4b04e57c58f391d7fd1f2bca6

    脳が「フロー」や「ゾーン」と言った超集中状態をどのように実現しているかが明らかになった

  • AdobeStock 364702349

    なぜ音楽の好みは人それぞれなのか?音楽教育の専門家が、万人に好まれる曲とそうでない曲がある理由を解説

  • edu srch celebrate the 50th anniversary apollo11

    なぜ科学を信じない人がいるのか?

今読まれている記事