AppleのAR/VRヘッドセットは“桁違い”のスクリーンを備える可能性

masapoco
投稿日
2023年5月31日 10:01
Apple Headset

ディスプレイアナリストであり、極めて精度の高いリークを行う事で有名なDisplay Supply Chain Consultants(DSCC)のRoss Young氏は、AppleがWWDC 2023で発表すると見られているAR/VRヘッドセットのスクリーン仕様についてリークを行っている。

同氏によると、Appleの次世代ヘッドセットデバイスは以下のスクリーン仕様を採用するという:

  • 1.41インチ対角
  • 4000ppiのピクセル密度
  • 5000nitを超える輝度をターゲットとする

また、片目あたり4Kの解像度を見ることができるはずだと、彼はフォローのツイートで述べている。

Young氏が引用している輝度レベルはピーク時のものになるので、通常使用時にどの程度のレベルになるかは不明だ。ちなみに、Meta Quest 2は、Fast Switch液晶ディスプレイ1枚で100nitの輝度を持ち、SonyのPlaystation VR2は、2つのOLEDスクリーンで265nitを持つと発表されている。それを考えると、文字通り“桁違い”のデバイスになる可能性が高い。価格差が大きいこともあるが、それでもどれ程印象深い物になるか、このことからも分かるだろう。

AppleのARまたはVRヘッドセットにマイクロOLEDを使用することは以前から噂されており、Samsung Displayがスクリーンを製造すると予想されていた。

この目を見張るようなディスプレイ仕様が現実のものとなるかどうか、全てはAppleが、6月5日に開幕するWorldwide Developers Conferenceで明らかになる。同社は、「Reality Pro」と呼ばれる可能性のあるヘッドセットを公開するとの見方が有力だ。このヘッドセットは、VRから切り離すためのダイヤルや高度なハンドトラッキング機能などを提供するとも噂され、脱着可能な外部バッテリーパックで駆動されると言われている。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • SK hynix HBM3 24GB 01
    次の記事

    SK hynix、HBM3Eメモリの情報を初公開:8GT/sを達成する超広帯域HPC用メモリとなる

    2023年5月31日 10:29
  • 前の記事

    NVIDIA、1兆ドルクラブに入会

    2023年5月31日 6:48
    NVIDIA GeForce GPU 1 very compressed scale 2 00x Custom
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • Apple M3 chip series architecture 231030

    AppleのM3 MaxチップからのUltraFusionインターコネクト削除は新たな巨大チップ登場の前兆か?

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

  • apple iphone 5g

    Apple、未発表のアプリやVision Proに関する情報をリークした疑いで元従業員を提訴

  • Apple iPad Pro Magic Keyboard M2 hero 2up 221018

    新型iPad ProとiPad Airは5月初旬の発売になる可能性が報じられる

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

今読まれている記事