NVIDIA、1兆ドルクラブに入会

masapoco
投稿日
2023年5月31日 6:48
NVIDIA GeForce GPU 1 very compressed scale 2 00x Custom

NVIDIAは、生成AIの台頭により、チップメーカーとして初の時価総額1兆ドルを突破した。

先週、NVIDIAは、週半ばに発表された2023年第1四半期の四半期報告で、同社のCEOであるJensen Huang氏が、同社が様々なAI技術に最初に投資したことで利益を得ていると指摘した後、1日で2000億ドル近くの時価総額が追加された

本日、同社の株価は405ドルで始まり、419ドルの高値を付け、NVIDIAはApple、Microsoft、Alphabet、Amazonに続く4社目の一兆ドルクラブ入りを果たした。

NVIDIAの時価総額は、先週の9000億ドルから上昇し、本稿執筆時点で1兆100億ドルになっている。先週から実に、30%近いリターンを記録しており、これは同じ期間のNasdaqのリターンよりも高い。

この1年間で、NVIDIAは投資家の資金を2倍に増やした。人工知能(AI)への投資により、同社は投資家にとってさらに有利になった。

カリフォルニアに本社を置くチップメーカーは、ここ数週間、Microsoft Build 2023やComputex 2023での発表で、AIへの投資を倍増させるという忙しい日々を送っていた。これには、ゲームのNPCのためのChat GPTのようなモデルであるACE、AIコンピューティングを加速するDGX-GH200の発表、RTX GPUのための新しいAI強化、AIアプリケーションに焦点を当てた新しいイーサネットスイッチ、自動車にAIをもたらすためのMediaTekとの提携が含まれている。

同社はAIの波に乗りつつも、同社の長期的な成長をめぐる懐疑的な見方や、現在の勢いを維持できるのかどうかが注目されていた。NVIDIAは、2020年の暗号マイニングブームでGPU不足に陥った際、同様の株価の跳ね上がりを経験しました。しかし、2022年に株価が40%以上下落したため、長くは続かなかった。

今のところ、NVIDIAの最大の問題は、不足を招いたGPUの爆発的な需要を満たすことだそれでも同社は、生産能力を高めるために大規模な投資を行ってきた。さらに、ファウンドリ・パートナーのTSMCの供給制約が同社の成長を妨げることがないよう、IntelにGPUの製造を依頼するなど、より思い切った手段も講じている。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Apple Headset
    次の記事

    AppleのAR/VRヘッドセットは“桁違い”のスクリーンを備える可能性

    2023年5月31日 10:01
  • 前の記事

    OpenAI CEOら、「AIが人類絶滅の危機をもたらす可能性」について警告する公開書簡に署名

    2023年5月31日 6:23
    ai computer future
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事