あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Apple、iPhone向けOSの最新版「iOS 16」を正式リリース

AppleはiOS 16を正式リリースした。同社モバイルOSの最新版は、iPhoneで設定アプリを開き、[一般]>[ソフトウェアアップデート]の順にタップするとダウンロードが可能だ。iOS 16は、iPhone 8以降で利用可能となっている。

iOS 16は、iMessageでの新しい編集と送信の取り消しの追加、完全にカスタマイズ可能なロック画面、および多くの変更が加えられている。詳細については、下記をご覧いただきたい。

iOS 16の主な新機能

カスタマイズ要素が大幅追加された新しいロック画面

iOS 16の最も大きな改善点は、ロック画面のフルカスタマイズサポートだ。ロック画面にウィジェットを追加したり、カスタムフォントやカラーを選択したり、さまざまなフィルタを適用したりできるようになった。また、複数の異なるロック画面を作成し、それらを簡単に切り替えることができる。それぞれのロック画面は、集中モードとに関連付けることもでき、集中モードの設定に応じて自動的に変更される

Apple WWDC22 iOS16 Personalized Lockscreen 220606 inline.large 2x

サードパーティーのアプリケーションも、ホーム画面にウィジェットを置くのと同じような方法で、ロック画面ウィジェットと統合することができる。サードパーティーアプリのいくつかは、すでにロック画面ウィジェットのサポートを追加しており、今後数週間のうちにさらに多くのアプリが追加される予定だ。

新しい壁紙

iOS 16のロック画面の新しいカスタマイズ機能に加え、Appleは新しい壁紙も追加した。新しいデフォルトの壁紙、プライドと団結のための新しいコレクション、新しい天気と天文が含まれる。天気と天文のコレクションは、現在地のライブデータを表示する新しい要素となる。

さらにiOS 16では、絵文字を使った壁紙の作成、フォトシャッフル、カスタムカラーグラデーションが可能になった。初代iPhoneに登場した象徴的なクラウンフィッシュの壁紙も復活している。

iMessageの新機能 – 送信の取り消し、メッセージの編集

iOS 16はまた、iMessageに待望の機能をもたらす:メッセージの送信取り消しとメッセージの編集機能だ。Appleは、悪用に対する懸念に応えて、ベータテストのプロセスを通じてこれらの機能にいくつかの変更を加えた。

iOS 16でiMessageを編集または送信停止するには、送信後に該当するメッセージを長押しする。iMessageの送信を取り消すことができるのは、送信後2分間までだ。他のiMessageユーザは、あなたがメッセージを送信解除したことを知ることができるが、そのメッセージの内容を見ることはできない。ここら辺は、LINEを使い慣れているユーザーならおなじみの機能だろう。

また、iMessageを最大5回まで編集することができるようになった。編集のたびにログが記録され、iMessageの送信者と受信者の両方が見ることができる。

その他、メッセージの変更点

  • 未読としてマークする
  • 最近削除したメッセージの復元
  • メッセージでの共有再生
  • AndroidでのSMSタップバック
  • オーディオメッセージの再生:オーディオメッセージを聞きながら早送りや巻き戻しができる。

集中モード

昨年のiOS 15での初採用に続き、集中モードは今年のiOS 16のリリースでいくつかの大きな変更を受けている。最も注目すべきは、Appleが設定プロセスを合理化し、特定のアプリや連絡先からの通知を許可またはブロックすることをより簡単にしたことだ。

フィルタにより、カレンダー、メール、メッセージ、SafariなどのApple製アプリケーション内の境界線を管理することができる。例えば、パーソナルの設定が有効になっている間は、仕事のカレンダーや仕事のEメールを簡単に隠すことができる。デベロッパは、新しいフォーカスフィルタAPIを利用して、この機能を利用することもできる。

集中モードは、ロック画面やホーム画面にも関連付けることができ、現在有効になっている集中モードに応じて、特定のページや画面を自動的に表示することができる。

iOS 16のプライバシーとセキュリティ

iOSのアップデートは、セキュリティとプライバシーにも大きな変更が加えられている。ここで最大のアップデートの一つは、Appleが「セーフティチェック」と呼んでいる物だ。これは設定アプリの新しいセクションで、家庭内または親密なパートナーによる暴力にさらされている状況で、他の人に許可したアクセスをすばやくリセットするのに役立つ。

Apple WWDC22 iOS16 Safety Check 220606 inline.large 2x

「状況や信頼レベルが変化した場合、セーフティチェックは、あなたがもはや接続されたくない人、アプリ、およびデバイスから切断することができます」とAppleは説明している。これにより、すべての人とアプリのアクセス権をすぐにリセットでき、アカウントのセキュリティを見直すのに役立つという。また、どの人やアプリがあなたの情報にアクセスできるかをカスタマイズすることもできる。

iOS 16には、ペーストボードにアクセスして他のアプリのコンテンツを貼り付ける前に、アプリがユーザーの許可を求める新しいペーストボード許可ツールも含まれている。

ラピッドセキュリティレスポンスは、重要なセキュリティ修正をあなたのデバイスにこれまでよりもさらに速く実装する新機能だ。「これらの改善は、標準的なソフトウェアアップデートの間に自動的に適用することができます。」とAppleは述べている。

最後に、iOS 16ではロックダウンモードが追加される。この新機能は、「デジタル・セキュリティに対する重大で標的型の脅威に直面している、ごく少数のユーザーに対して、極端な保護を提供します。」としている。ロックダウンモードは、特定の機能を厳しく制限し、「高度な標的型傭兵スパイウェアに悪用される可能性のある攻撃面を減らす」ものとのことだ。

ロックダウンモードは、メッセージ、Safari、FaceTime、写真などのアプリケーションの機能を無効化する。

通知機能の改善

AppleはiOS 16で、特にロック画面での通知システムも再設計している。通知は画面下部から来るようになり、Appleによると、壁紙やその他のカスタマイズオプションをより多く表示するために設計された変更とのことだ。

設定アプリでは、「件数」、「スタック」、「リスト」の3つの通知オプションが追加されている。件数は、あなたが持っている通知の合計数を示し、スタックは、アプリごとに単一のスタックにあなたの通知を整理して表示する。リストは、これまでの通知表示同様に、通知を順番に一覧表示する機能だ。

Apple WWDC22 iOS16 Lockscreen Notifications 220606 inline.large 2x

パスキー

iOS 16は、今後リリースされるmacOS VenturaとiPadOS 16のアップデートとともに、ユーザー名とパスワードへの依存からの脱却を目指して開発されている。パスワードは、管理に手間がかかる反面、セキュリティとしては弱い部類に属する。これらの問題に対処するため、各社パスワードに変わるシステムの開発に力を入れているが、Appleは今回、新しいパスキー規格を採用している。

パスキー規格は、デバイス、ウェブサイト、アプリケーションにまたがる合理的なサインインにより、パスワードの必要性を完全に置き換えるために設計された固有のデジタルキーと説明されている。

パスキーを使ったログインの流れは、iCloudキーチェーンとFace IDやTouch IDを使ったログインと似ている。異なるのは、iCloudキーチェーンから資格情報を選び、パスワードとユーザー名をテキストフィールドに自動入力するのではなく、ログイン方法としてパスキーを選ぶ(または作成する)点だ。パスキーはiCloud Keychainを使ってエンドツーエンドで暗号化され、あなたのデバイス間で同期されるので、Appleでさえ情報を見ることができない。

Siriとディクテーションのアップグレード

iOS 16には、Appleの音声機能であるSiriと音声入力機能に対する注目すべきアップデートも含まれている。最も注目すべきは、ディクテーション機能が完全に刷新されたことだ。iOS 16のディクテーションでは、音声とタッチを簡単に切り替えることができる。音声入力中は、キーボードで文字を入力したり、テキストフィールドをタップしたり、カーソルを動かしたり、QuickTypeの候補を挿入したりすることができる。

音声入力は自動句読点にも対応するようになり、口述中にカンマ、ピリオド、疑問符を自動的に挿入できるようになった。

その他のSiriのアップグレード

  • Siriでメッセージを送信する際に絵文字を挿入する。
  • メッセージの送信時に確認のステップを省くことができる。
  • Siriは、設定不要でアプリケーションからショートカットを実行できる。

ホームアプリを全面的にリニューアル

Apple WWDC22 iOS16 Home app 220606 inline.large 2x

数年にわたるマイナーチェンジを経て、iOS 16でホームアプリは大きくグレードアップした。

新しいホームアプリは、すべてのアクセサリを簡単にナビゲート、整理、表示、コントロールできるように設計されている。メインタブでは、部屋ごとに好きなアクセサリーを選んだり、カテゴリー別に表示したり、さまざまなタイルのサイズを調整したりと、さまざまなカスタマイズが可能だ。

また、Appleは今年後半に開始される予定のMatter規格の採用にも取り組んでいる。これにより、互換性のあるアクセサリーを複数の異なるプラットフォームでシームレスに使用することが可能になった。また、HomeKitとSiriのコントロールに対応するアクセサリーの数も増えるだろう。

iOS 16の新しいアクセシビリティ機能

5月にAppleが初めて発表したように、iOS 16には新しいアクセシビリティ機能が多数搭載されている。まず第一に、新しいApple Watchのミラーリング機能により、iPhoneからApple Watchを完全にコントロールし、スイッチコントロールや音声コントロールなどのアシスト機能を利用することができる

ドア検出は、iPhoneのカメラテクノロジーを使ってドアの位置を確認し、サインやラベルを読んで、ドアの開け方の指示を得ることができる機能だ。また、拡大鏡アプリケーションにも新しい検出モードが用意されている。Appleの説明によると、この機能は「人物検出」と「画像説明」を含む、「あなたの周囲の豊かな説明」を提供するそうだ。

Apple WWDC22 iOS16 Door Detection Accessibility 220606 inline.large 2x

ライブキャプションは、聴覚障害者のユーザーのために、自動生成されたキャプションをリアルタイムで提供する。また、この機能は、FaceTimeにおいて、話者の属性とともに自動的に書き起こされたダイアログを表示する。

その他アクセシビリティ機能がいくつか追加されている

  • バディコントローラ。複数のゲームコントローラからの入力をひとつにまとめ、介護士や友だちがゲームの次のレベルに進むのをサポートする。
  • Siriがあなたのリクエストに応えるまで、話し終えるまでの待ち時間を調整できる。
  • Voice Controlスペルモードを使って、名前、住所、その他のカスタムスペルを一文字ずつ入力できる。
  • 電話やFaceTimeの通話をVoice Controlで切ることができるようになった。
  • VoiceOverと音声コンテンツは、さらに20以上の言語とロケールで利用できるようになった。

写真アプリ

iOS 16では、「写真」アプリに注目すべきアップグレードが実施された。個人的に助かるのは、新しい重複検出機能だ。これによって、重複した写真をすべて識別して、ライブラリを簡単にクリーンアップできるようになった。隠しアルバムと最近削除したアルバムは、iPhoneのパスコードとFace IDによってロックされるようになった。

また、写真アプリでは、ある写真で行った編集をコピーして、別の写真や他の写真のバッチに貼り付けることができるようになった。同様に、写真の複数の編集を元に戻したり、やり直したりすることもできるようになった。

iCloud共有フォトライブラリも、今年後半に写真アプリに搭載される新機能だ。これにより、独立したiCloudフォトライブラリを最大5人で共有できるようになる。

Apple WWDC22 iOS16 iCloud Shared Photo Library selected photos 220606 inline.large 2x

その他iOS16の変更点

これらはiOS 16に含まれる主要な機能の一部に過ぎない。このアップデートには、ほかにも多くの改善や変更が含まれる。

  • Apple Mapsがマルチストップルーティングに対応し、途中で複数の停車駅を含むルートを再生できるようになった。
  • 健康アプリケーションに薬の追跡機能が追加された。薬のリストを作成し、服用中の薬、ビタミン、サプリメントを記録できる。
  • フィットネスアプリケーションは、Apple Watchを持っていないすべてのiPhoneユーザーのにも利用できるようになった
  • Face IDが、対応するiPhoneのモデルで横向きでも使えるようになった
  • FaceTimeがHandoffに対応するようになった。FaceTimeの通話をiPhoneからMacやiPadにシームレスに移動したり、逆にiPhoneからMacやiPadにシームレスに移動することができる。
  • メモアプリケーションでは、iPhoneのパスコードでメモをロックできるようになった。
  • ミュージックアプリケーションでは、異なるアーティストやバンドのお気に入りに対応し、プレイリストの新しい並べ替えオプションも追加された。
  • Live Textがビデオに対応した。一時停止中のビデオフレームでは、テキストが完全にインタラクティブになり、コピー&ペースト、検索、翻訳などの機能を利用できるようになる。
  • iOS 16では、あらゆる画像から背景を瞬時に取り除くことができるので、画像の背景から被写体を楽に浮き上がらせることができる。
  • メールアプリケーションは、スケジュール送信と送信の取り消しに初めて対応した。
  • システムキーボードのHaptic Feedbackを有効にすることができるようになった。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする