あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Apple、Apple Watch向けOSの最新版「watchOS 9」を正式リリース

iOS 16と同時に、AppleはwatchOS 9を正式にリリースした。アップデートをインストールするには、まずiPhoneでiOS 16をダウンロードする必要がある。その後、Watchアプリを開き、[一般]>[ソフトウェアアップデート]をタップすることで行うことができる。Apple Watch Series 4以降でアップデートが可能だ。

Appleはより大きな画面とより高性能なApple Watchに焦点を当てているため、ここ数年で最大のアップデートとなる。主な新機能は以下の通りだ。

watchOS 9の新機能

ランナーにフォーカスしたワークアウトアプリの刷新

Apple WWDC22 watchOS 9 Heart Rate Zones 220606

watchOS 9では、運動が好きな人のために多くの新機能を備えたワークアウトアプリに大幅なアップデートが行われた。ランナー向けには、デジタルクラウンを回すだけでたくさんの指標を確認できる新しいワークアウトビューが用意されており、ランニング中に利用できる。確認できる指標は以下の通りだ。

  • アクティビティリング
  • 心拍数ゾーン
  • パワー
  • 標高

睡眠アプリの使い勝手が向上

watchOS 8で睡眠アプリを導入したAppleは、これに更に機能を追加した。ユーザーは、レム睡眠、コア睡眠、深い睡眠に費やした時間や、目が覚めたかもしれない時間を確認することができるようになった。

Apple WWDC22 watchOS 9 iPhone13Pro Sleep Stages 220606

さらに、iPhoneでアップデートされたヘルスケアアプリの睡眠比較表では、心拍数や呼吸数などの指標を確認することができる。

watchOS 9では新しいウォッチフェイスが追加され、古いウォッチフェイスも刷新

Apple WWDC22 watchOS 9 Astronomy face 220606

watchOS 9で、Appleは「ルナ」「プレイタイム」「メトロポリタン」「アストロノミー」の4つの新しいウォッチフェイスが提供される。

  • ルナ:Appleは、”グレゴリオ暦と太陰暦の関係を描いた“ウォッチフェイスと説明している。
  • プレイタイム:イラストレーター、アーティストであるJoi Fultonとのコラボレーションによる、ダイナミックでインタラクティブなウォッチフェイス。
  • メトロポリタン:アナログ時計を再現したクラシックなウォッチフェイスだが、複数のカスタマイズオプションが用意されている。
  • アストロノミー:完全にリニューアルされ、地球と月の超詳細な3Dバージョンが追加されている。

Appleは、Apple Watchの大型ディスプレイを活用するために、モジュラー、モジュラーコンパクト、X-ラージ、シンプル、ユニティのウォッチフェイスもアップデートしている。ポートレートウォッチフェイスは、ペットの肖像画に対応するようになった。

また、すべてのNikeウォッチフェイスがwatchOS 9ユーザに提供される。

服薬アプリの追加

Apple WWDC22 watchOS 9 iPhone13Pro Medications schedules 220606

新しい服薬アプリは、あなたの薬、ビタミン、サプリメントを控えめに、そして便利に記録するのに役立つ。また、リマインダーからそれらを記録することもできる。

さらに、この新しいアプリは、生理周期を記録するためのアプリである周期記録アプリとうまく連動するようにも作られている。

watchOS 9で心房細動の履歴が手首に

Apple WWDC22 watchOS 9 iPhone13Pro AFib History 220606

心房細動と診断されたことがある人は、心房細動履歴をオンにすると、心臓が不整脈を起こす頻度の目安を見ることができる。これは、深刻な合併症のリスクに関係する可能性があるため、重要なことだ。

ヘルスケアアプリでは、睡眠、運動、体重など、心房細動になる時間に影響を与える可能性のあるライフスタイルの要因を特定し、その情報を医師と簡単に共有することができる。また、心房細動が最も頻繁に起こる日や週の時間帯を確認することができる。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする