iPhone 14の衝突検出機能について、Apple幹部が詳しく解説

masapoco
投稿日 2022年10月11日 5:12

アップル(Apple)の新しいiPhone 14に搭載されている「衝突検出」機能がジェットコースターの加速によって作動してしまい、緊急通報を行ってしまう問題が報じられたが、そんな中、アップルはTechCrunchのインタビューに応じ、この機能がどのように動作するのか、詳細を明らかにしている。

アップルのワールドワイド iPhone プロダクト マーケティング担当バイス プレジデントであるカイアン・ドランス(Kaiann Drance)氏は、次のように述べている。「最大 256 G の重力加速度を検出できます。これは、新しいウォッチやiPhoneに搭載されている新しい加速度計の重要な違いの 1 つです。」

センシング&コネクティビティ担当バイスプレジデントのロン・フアン(Ron Huang)氏は、次のように述べている。

「衝突時に経験されることを基本的に理解することから始まりました。衝突の際には、100Gを超える衝撃力が発生します。私たちは256G前後から始めました。その範囲を広げようとすると、高い範囲での精度や電力コストの面でトレードオフになります。このようにセンサーを構築するために、チームは多くの労力を費やしました。」

しかし、改良されたジャイロスコープと加速度計以外にも、Appleは多くのセンサーが関係していると言う。そして、最終的に衝突検知機能を作動させるのは、センサーからの情報の組み合わせとのことだ。

アップルはさまざまなセンサーのすべてを詳しく説明しなかったが、フアン氏は「組み合わせによって決定される必要があり、どのセンサーを組み合わせるかは、状況に応じて変わる」ことを強調した。

「衝突検知機能を起動させるという点で、特効薬はありません。一筋縄ではいかないので、いくつのセンサーが作動すればいいのか、一概には言えません。

走行速度がどの程度であったかに応じて、後にどのような信号を見るべきかが決まります。速度の変化、衝撃力、圧力の変化、音量の変化、これら全てが非常にダイナミックなアルゴリズムなのです。」

フアン氏とドランス氏は、例えば、衝突時に気圧が変化するが、車の窓が開いていれば、その変化は小さすぎて大きな要因にはならない、と述べている。同様に、Wi-Fiの接続先が “非常に速く、徒歩や自転車よりも速く”変化するように、運転中であることを検知する方法はたくさんあるのだという。

ドランス氏は、「必要のないときに911(レスキュー)への誤通報をたくさんするようなことはしたくない」と言う。彼女は、衝突検知機能が作動しないような小さな衝突を経験したことを報告している。

「私の衝突検知機能は作動しませんでした。なぜなら、車から降りてそのまま走り続けられるような些細なことだったからです。それがセンサーの融合と精度の一部なのです。」とドランス氏は説明する。

また、Huang氏とDrance氏は、衝突検知が作動し、iPhoneやApple Watchが助けを呼ぼうとしたときに起こることについて詳しく説明した。

「9-1-1コールと同じように、まずあなたのネットワークを介してダイヤルしようとします。ネットワークが利用できない場合は、SIMと同じキャリアでなくても、利用可能な他のキャリアにルーティングするよう試みます。圏外の場合は、衛星経由の緊急SOS機能と連動します。万が一、そのような事故に遭い、自分のいる場所が全く圏外だったとしても、緊急SOS機能で衛星経由で接続を試みます。」

Appleの役員は、iPhone 14とApple Watch Series 8の精度の違いについては語らなかったが、同じではないことを認めている。

「iPhoneとApple Watchiには違いがあります(Apple)Watchは手首に装着するものであり、衝突時に手首に見える衝撃の種類は非常に異なるでしょう。」とHuang氏は説明している。

「そういった違いはありますが、例えば気圧計はiPhoneとWatchで非常に似ています。つまり、デバイスの使用方法、配置、装着方法による違いがあるのです。」と彼は説明している。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • 05
    次の記事

    Pixel 7 Proの凄すぎる夜景撮影機能とマクロ撮影機能の作例紹介

    2022年10月11日 5:43
  • 前の記事

    人類最強の望遠鏡となる「太陽重力レンズ」。その最適なターゲットとは?

    2022年11月16日 19:40
    SGL1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事