あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Windwos 11の次期バージョンで搭載される機能などをテストしている、開発者向けプレビュー「Windows 11 Insider Preview」が更新され、 Build22579がDevチャネルにリリースされた。すでに導入済みの場合は「設定」アプリの[Windows Update]セクションからアップグレードできる。

Windows Insider Preview Build 22579の変更点

このバージョンから、IT管理者がUSBリムーバブルドライブをBitLocker暗号化から除外するための新しいポリシーが導入された、スタートメニューでフォルダーに名前を付ける機能、タスクバーに固定できるGet Startedアプリの提案などの変更が加えられた。

主な変更点は以下の通りとなる。

Windows 11 Insider Preview Build 22579の変更点
  • USBリムーバブルドライブを暗号化から除外する
  • CPrintDialogを使って印刷ダイアログを表示しているWin32アプリに対し、最新の印刷ダイアログを表示するようになった
  • 拡大鏡とオンスクリーンキーボードに、新しいFluentスタイルのアイコンが追加
  • スタートメニューでアプリのフォルダーに名前を付けることができるようになった
  • 「Get Started」アプリが、タスクバーにピン留めするサイトの候補を提案するようになった
  • 3本の指を使用して左右にスワイプし、最近使用したウィンドウを切り替えられるようになった
  • [新しいタスクの実行]ボタンがタスクマネージャーのすべてのページで使用できるようになった
  • パーソナライズ可能な絵文字(家族の絵文字など)は、絵文字パネルのエントリの下隅に小さなアクセントカラーのドットを表示するようになった

その他、各種バグの修正が行われている。

Windows 11 Insider Previewを利用する方法については、以下の記事を参照して欲しい。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする