AMDがニューヨークに新しいCPUデザインセンターをオープンし研究開発を強化

masapoco
投稿日 2022年7月25日 10:21
amd chip

AMDは近年順調に売上を伸ばしているが、それに伴い研究開発も積極的に行っている。これにより更に革新的な製品を開発し、それによって売上を伸ばすという好循環サイクルに入っている同社は、今回、ニューヨークにまったく新しいCPUデザインセンターを開設するようだ。

順調に売上を伸ばし研究開発にも力を入れているAMD

AMDのCPU部門は、ニューヨーク州ポキプシーにまったく新しいサイトを建設するほど雇用を増やしている」とAMDのMike Evans氏はTwitterで、同社の求人サイトのスクリーンショットと共に発言している。

募集職種は、同社採用サイトによると、検証エンジニア、CPUコアパフォーマンスアーキテクト、シニアインフィニティファブリック検証エンジニアを採用する予定とのことだ。

AMDはクライアント端末向けCPU「Ryzen」やデータセンター向けプロセッサ「EPYC」の大ヒットを受け、研究開発予算は順調に伸びており、2016年の約10億ドルから2021年には約28億ドルに増加しており、ハードウェアやソフトウェアの開発に膨大なリソースを投入できるようになっている。

AMDが新たに設立したニューヨークの研究開発センターは、この募集職種の多様性から、新しい事業を形成し、同社の更なる成長を促す役割を果たすのではないだろうか。ニューヨークの新しいCPUデザインセンターから、まったく新しいCPUが生まれる日もそう遠くないかも知れない。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です