あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

ドイツで開催されるゲーム見本市「Gamescom」において、AMDは待望のRadeon RX 7000シリーズの中間モデル、Radeon RX 7800 XTとRadeon RX 7700 XTを発表した。AMDの新しいNavi 32 GPUを搭載し、1440pゲーミング市場をターゲットとするこの新しいカードは、AMDの製品スタックの中間に位置するように設計されており、Radeon RX 7900シリーズのような最先端性能を必要としないゲーマー向けに、強力なRDNA 3アーキテクチャ・ビデオカードのセットを提供する。

amd radeon rx 7800 xt graphics card

Radeon RX 7800 XTは、ラインナップの中では849ドルのRX 7900 XTのすぐ下に位置するが、両者の間にはスペックと価格の両方でかなりの開きがある。RX 7800 XTのコンピュートユニット(CU)は60個で、前世代の6800 XTの72CUより少ない。256ビットのメモリバス上に16GBの19.5Gb/秒GDDR6メモリを搭載し、メモリ帯域幅を高めるために64MBのInfinity Cacheを搭載する。最大ブーストクロックは2,430MHzで、TDPは263W(7900 XTは315W)。このGPUには、AMDのGPUとしては新しい120個のAIアクセラレーターも搭載される。また、同じデュアル8ピン電源コネクターを搭載しているにもかかわらず、前モデルよりも大幅に小型化されている。

AMD Radeon RX 7800 XTAMD Radeon RX 7700 XTAMD Radeon RX 6800 XTAMD Radeon RX 6700 XT
ALU7680
(60 CUs)
6912
(54 CUs)
4608
(72 CUs)
2560
(40 CUs)
ROP969612864
クロック周波数2124MHz2171MHz2015MHz2424MHz
ブーストクロック2430MHz2544MHz2250MHz2581MHz
Throughput (FP32)32.6 TFLOPS30 TFLOPS18.6 TFLOPS12.4 TFLOPS
メモリクロック19.5 Gbps GDDR618 Gbps GDDR616 Gbps GDDR616 Gbps GDDR6
メモリバス幅256-bit192-bit256-bit192-bit
メモリ帯域幅624GB/sec432GB/sec512GB/sec384GB/sec
VRAM16GB12GB16GB12GB
Infinity Cache64MB48MB128MB96MB
ボードの合計電力263W245W300W230W
製造プロセスGCD: TSMC 5nm
MCD: TSMC 6nm
GCD: TSMC 5nm
MCD: TSMC 6nm
TSMC 7nmTSMC 7nm
トランジスタ数GCD: ?
MCD: 2B x4
GCD: ?
MCD: 2B x4
26.8B17.2B
アーキテクチャRDNA3RDNA3RDNA2RDNA2
GPUNavi 32Navi 32Navi 21Navi 22
発売日2023/09/062023/09/062020/11/182021/03/18
発売価格$499$449$649$479

Radeon RX 7700 XTは7800にかなり近いスペックで、54 CUを提供する。前世代のRadeon 6700 XTは40 CUのみだったので、これは大幅なアップグレードだ。192ビットのメモリバスに12GBの18Gb/秒メモリ、48MBのInfinity Cacheを搭載する。108個のAIアクセラレータを搭載し、TDPは245Wである。7700 XTのブーストクロックは2,544MHzで、7800 XTよりわずかに高い。

どちらのGPUもDisplayPort 2.1を搭載している。NVIDIAが古い1.4aインターフェイスに固執しているため、今世代のAMDとNVIDIA GPUの大きな違いの1つとなっている。このインターフェイスは、120Hzで8K解像度、240Hzで4K解像度を提供することで有名だが、これらのアッパー・ミドルレンジGPUにとってはあまり重要ではないだろう。

Navi 32:第2の小型チップレットGPU

両カードを駆動するのは、AMDの新しいRDNA 3アーキテクチャベースのNavi 32 GPUである。これはAMDの2番目のコンシューマー向けチップレットGPUで、基本的にはRX 7900シリーズを駆動するNavi 31を小型化したものだ。この場合の「小型化」とは、AMDが機能ブロックとトランジスタの数を減らした新しいグラフィックス・コンピュート・ダイ(GCD)を採用し、性能を犠牲にして消費電力と製造コストを削減することを意味する。一方、GCDは、Navi 31から再利用されるAMDのメモリ・キャッシュ・ダイ(MCD)4個と組み合わされる。

Navi32 Die

Navi 31と同様、複雑なGCDはTSMCの5nmプロセスで製造され、GPUのスケーラブルで性能上重要な部分をTSMCの最先端プロセスで構築する。一方、MCDは引き続きTMSCの6nmプロセスで製造され、InfinityキャッシュやGDDR6メモリ・コントローラなど、ノードの微細化に伴って拡張性が低下するGPUの部品を搭載する。つまり、Navi 32は製造に関して新旧のプロセスノードが混在している一方で、パッケージングに関しては最先端を走っている。

大まかに言えば、Navi 3xのGPUラインアップ全体が製造の観点からコスト効率よく設計されており、Navi 32も同様である。AMDは、重要なビットのみを最先端の5nmノードで製造し(その場合でも、TSMCの最先端4nmバリアントは使用しない)、残りはより安価な6nmノードで製造している。この発表についてあまり深入りする必要はないが、これはAMDがどのようにカードを構成し、配置するかという要因になるパフォーマンスへの影響を持っている。しかし、高いレベルでは、チップレットベースのGPUという目新しさはさておき、Navi 32は、過去のエンスージアストクラスのAMD GPUや、それどころかライバルのNVIDIAのモノリシック設計とは明らかに異なる設計戦略に従っているということだ。RX 7900シリーズで見てきたように、これは消費電力において最も顕著であり、Navi 32の両カードがNVIDIAの競合製品を大きく上回るTBPスペックを持つ最大の要因であると思われる。

現時点では、Navi 32の仕様の一部、特にGCDのダイサイズとトランジスタ数について、AMDが確認するのを待っている段階だ。AMDのオフアングル・ダイ写真に基づくと、MCDの既知のサイズ(37.5mm2)から、現在のところ211mm2と推定されるが、これはせいぜい大まかな推測である。そうなると、Navi 31 GCDの約3分の2のサイズということになる。

現時点では、GPU内で使用可能なCUの総数についての確認も待っている。RX 7800 XTはトップクラスのパーツだが、Navi 32自体も60CUしかないのか、それとももっと多いのか、AMDは確認していない。Navi 31が96 CU、Navi 33が32 CUであったことを考えると、Navi 32は64 CU設計である可能性が高いが、より奇妙なことが起きている。

そうでなければ、Navi 32は徹頭徹尾RDNA 3である。つまり、AV1エンコード/デコードのサポート、レイトレーシング性能の向上、AMDの新しいDisplayPort UHBR13.5対応Radianceディスプレイコントローラ、適切な命令をデュアル発行してAI性能を向上させるためのALUの第2バンクなど、RX 7000シリーズの他のラインナップで見られるのと同じアーキテクチャ上の変更が組み込まれている。

Radeon RX 7800 XT と RX 7700 XT は9月6日に発売される。AMDは、新しいRadeon GPUとともに9月6日に発売される6000シリーズと7000シリーズを購入すると、Starfieldを無料でプレゼントすると発表した。

AMD RX7800 7700 PRICING RELEASE DATE

Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする