QualcommのSnapdragon X Eliteの実機ベンチマークテストが流出、Qualcommの主張の正当性が明らかに

masapoco
投稿日
2024年3月17日 7:09
snapdragon x elite hero

Qualcommの期待のWindows PC向けチップセット「Snapdragon X Elite」は、同社によってAppleの最新3nmチップセット「M3」よりも高速であると主張されていた。実際にこれまでに後悔されているベンチマークテストの結果からも、高速である事は確かなようで、実機によるテストでもその性能が確認された。

Qualcommは最大21%高速であるとしていたが、今回Snapdragon X Eliteを搭載したSamsungのGalaxy Book 4 EdgeがGeekbench 6を使用してベンチマークされた結果から明らかになったように、新しくリリースされた15インチのM3 Macbook Airと比較するとマルチスレッド・ワークロードでは、Snapdragon X EliteがM3より16%速い性能を示しているが、シングルコアではM3に遅れをとっている。

この結果は、以前Qualcommの主張と比べるといささか控えめに見える。ただし、以前にQualcommが行ったテストでは、23Wと80Wの2つの電力制限でテストされており、23Wの薄型軽量サイズを想定した構成でもマルチコアワークロードで14,000のスコアを記録したと主張していた。今回の13,925と言うスコアも、実際の数値としては誤差の範囲内だろう。

AppleのM3が4つのパフォーマンスコアと4つの省電力コアの構成(合計8コア)でこのスコアを達成しており、公平な比較としては同じ12コアCPUのM3 Proを引き合いに出す必要があるが、こちらはGeekbench 6のマルチコアワークスコアで15,000を超えており、QualcommのSnapdragon X Eliteのより高い性能を引き出す構成と互角の勝負になると見られる。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • 4f1c163fec5bdd85dfb3c558f04c15cb
    次の記事

    脳インプラント技術の未来 – 人の心をつなぐインターネットの興味深い一端を垣間見る

    2024年3月17日 16:29
  • 前の記事

    アブダビのMGXファンド、OpenAIのチップ開発への出資に向け初期の交渉に入ったと報じられる

    2024年3月17日 2:46
    open ai logo
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • what is ai pc

    Intel、「AI PC」の要件は40TOPS以上の性能を持つNPUが必要と述べる、ただしMeteor Lakeはこれを満たさず

  • google chrome arm hero

    Google、“遥かに高速な”ArmネイティブなChromeブラウザを正式リリース

  • UXL logo

    NVIDIAのAI市場支配からの脱却を目指しGoogle、Intel、Qualcommらが協力

  • Apple M3 chip series unified memory architecture M3 231030

    Apple M4は2025年第1四半期に登場か?Snapdragon X Eliteに安価な8コアバージョンも登場の噂

  • AMD Ryzen AI

    AMDの次世代モバイルチップ「Strix Point」はSnapdragon X Eliteを大きく上回るAI性能を発揮か?

今読まれている記事