3DMarkがNVIDIAのDLSS 3に対応

masapoco
投稿日
2022年10月21日 11:19
3DMark DLSS Feature Test NVIDIA DLSS 3 Support GeForce RTX 40 Series 3

ベンチマークテストアプリの「3DMark」は、DLSS機能テストにおいて、NVIDIAのDLSS 3 「フレーム生成」テクノロジーをサポートすることを正式に発表した。

このアップデートはNVIDIAとの共同開発で実現している。3DMark NVIDIA DLSS機能テストでは、DLSS処理の有無によるパフォーマンスと画質を比較できる。これに加えて、新しいGeForce RTX 4000シリーズGPUを利用した場合、DLSS 3を使用した場合と使用しない場合の性能比較が可能となる。アップデート自体は既に配信されている。

DLSS 3はフレーム生成機能を搭載し、Quality、Performance、Ultra Performanceの3つの画質モードから選択することが可能になっている。これらのモードは、フルHDから8Kまで、さまざまな解像度に対応するように設計されている。

DLSSフレーム生成は、NVIDIA Reflexで応答性を最適化しながら、AIで高品質のフレームを追加生成し、フレームレートを向上させる機能だ。この機能は、GeForce RTX 4000シリーズGPUの新しいOptical Flow AcceleratorをNVIDIA Tensor Coresとともに使用することで実現しているという。

NVIDIA DLSS機能テストは、3DMark Port Royalのレイトレーシング・ベンチマークをベースにしている。テストは2パスで実行され、最初のパスは、ベースライン性能を測定するために、DLSSを無効にしてPort Royalをレンダリングする。2パス目では、Port Royalを低解像度でレンダリングし、DLSS処理で出力解像度のフレームを作成する。結果画面では、各実行におけるフレームレートが報告される。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • youtube
    次の記事

    YouTube Premium ファミリープランが大幅値上げ

    2022年10月21日 11:25
  • 前の記事

    Android 13 QPR1 ベータ3 が配信開始 – 新機能一覧

    2022年10月21日 11:12
    android 13 thumbnail
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • UXL logo

    NVIDIAのAI市場支配からの脱却を目指しGoogle、Intel、Qualcommらが協力

  • SK hynix Begins Mass Production of Industrys First HBM3E 2

    SK hynix、HBM3Eメモリの量産を開始、今月末にもNVIDIAのAI GPU向けに出荷へ

  • UN Bloom Welcome 960x540

    Ubisoft、NVIDIA、Inworld AIが協力し、AIを用いて人間と自然な会話を繰り広げられる「Neo NPC」を制作へ

  • nvidia blackwell architecture image

    NVIDIAはBlackwellの開発に100億ドルと言う巨額投資を実施、価格は4万ドルと大幅上昇も

  • project gr00t humanoid

    NVIDIA、ヒューマノイドロボット向け基礎AIモデル「GR00T」を発表

今読まれている記事