あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

質の高い自然科学研究「Nature Index」ランキングで中国が初めて米国を抜いた

2022年、中国がNature Indexの高品質自然科学論文への研究貢献で初めて米国を抜いたことが明らかになった。Nature Indexが追跡する82のジャーナルの著者所属データによれば、中国のシェアは2022年1月から12月までの間に19,373で、これに対してアメリカは17,610だった。シェアとは、Nature Indexジャーナルに掲載された各論文におけるその国の著者の割合を考慮したもので、中国の研究者だけによって発表された論文は中国のシェアを1増やす。

d41586 023 01705 7 25381758
(Credit: Nature Index)

ネイチャーインデックスは2014年に初めて導入され、中国のシェアは急速に増加してきた。2021年には、物理科学と化学の分野でトップの国となった。最新のデータによれば、中国は地球科学と環境科学でも初めてアメリカを上回った。これにより、中国がまだ追いついていない自然科学のカテゴリーは生命科学だけとなっている。

科学のパフォーマンスを測るさまざまな指標は、2010年代半ばからグローバルな科学の国際バランスが変わりつつあることを示している。例えば、2018年の米国国立科学財団のデータセットでは、中国が最も多くの論文を発表した国であることが示されている。

過去5年間の焦点は、引用数の評価など、品質を測る試みに基づいて、中国がいつアメリカを上回るかに置かれていた。例えば、日本の国立科学技術政策研究所の2022年の報告書では、ある論文の著者の割合を用いて、高引用研究への貢献を決定した。その結果、2018年から2020年の間に、中国の研究が最も頻繁に引用された論文の上位1%を占める割合が、米国の研究よりも多かったことが分かった。

Nature Indexは引用を評価しないものの、自然科学の上位層のジャーナルを代表するとされるジャーナルを追跡している。これらのジャーナルは、積極的に出版活動を行っている研究者の独立したグループによって選ばれている。

オハイオ州立大学の科学政策研究者であるCaroline Wagner氏は、中国がトップ引用論文でアメリカを上回ったと示唆する研究を発表している。彼女は、「単純な文献計量学的指標、つまり生産性と引用に基づいて測定すると、中国は期待を上回っています」と述べている。

しかし、彼女はまた、中国は「知識を吸収し適用する能力」において他の国々、特に主要な国々との研究協力が減少している影響は不確かであると指摘している。

Wagner氏は、「中国の最も引用された作品は他の国々、特に米国との協力で生み出されていることを多くの学者が示しています」と述べている。

中国政府の今後10年間の目標の一つは、より多くの機関、科学者、分野で中国の研究力を「深化」し、中国がより自立できるようにすることかも知れない。これはノースカロライナ大学チャペルヒル校で中国の科学とイノベーションを研究しているDenis Simon氏の見解だ。

彼は、「政府が本当に興味を持っているのはそれだと思います。米国と中国を区別するものは、どの分野であれ、米国の能力の深さです」と述べている。

Nature Indexのデータは、中国がまだアメリカを追い越すまでには道のりがあることを示している。具体的には、特定の国から少なくとも1人の著者を持つデータベース内のすべての記事の生の合計である「カウント」においてだ。2022年1月から12月までの期間で、米国は約25,200の記事をカウントし、対して中国は23,500以上だった。

インデックスに含まれる2つの主要な多分野ジャーナル、NatureとScienceでは、アメリカのシェアは786で、これは中国の186を大幅に上回っていた。

2023年のNature Index年次表は、6月中旬に公開予定で、昨年のシェアで中国をトップに押し上げた機関の完全な内訳を提供する。

また、初めてNature Indexに追加される一連の高品質医学ジャーナルの出版物に関するデータも特集される。これにより、ユーザーは健康科学のトレンドも追跡することができる。


Source

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share!!

スポンサーリンク

執筆者
Photo of author

masapoco

TEXAL管理人。中学生の時にWindows95を使っていたくらいの年齢。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題が得意だが、テクノロジー関係の話題も大好き。最近は半導体関連に特に興味あり。アニメ・ゲーム・文学も好き。最近の推しは、アニメ『サマータイムレンダ』

記事一覧を見る

コメントする

CAPTCHA