PCIe Gen 5 SSDは2024年後半まで普及しないとPhison CEOは予測する

masapoco
投稿日 2023年3月24日 15:02

昨年登場したIntelとAMDの両社が最新のプラットフォームでは、PCIe 5.0対応SSDのサポートが追加されたが、期待された新しい超高速SSDはまだ実現されていない。NANDフラッシュコントローラーメーカーPhisonのCEOによると、この状況はすぐには変わらないだろうとのことだ。DigiTimesのインタビューで、同CEOは、次世代SSDの本格的な立ち上がりは2024年後半まで見込めないと述べている。それまでは、PCIe Gen 3と4のドライブがトップに君臨すると予想される。

PhisonのCEOであるK.S.Pua氏は、次世代SSDの普及が遅れているのにはいくつかの理由があると述べている。まず、製造パートナーが乗り気でないことが挙げられる。同時に、ノートPCなどSSDを搭載したデバイスを製造する企業も手控えており、これはAsusなどの企業を指しているようにも思える。RazerもノートPC「Razer Blade」をリフレッシュし、GPUにRTX 4090、CPUにRaptor Lakeを追加したが、PCIe Gen 4 SSDを採用したままである。躊躇している理由は、追加コストかもしれないが、はっきりとは明言されていない。また、最近のPC市場の低迷を考えると、価格感度がより影響している可能性もある。

Pau氏は、eスポーツやコンテンツクリエイターをターゲットに、一部の企業が提供し始めていることを示した。しかし、業界全体では、選択肢を持つ企業のほとんどが、定評のあるPCIe Gen 4にこだわっているようだ。また、これまで見たドライブのほとんどはヒートシンクがかなり大きいので、ノートPCに追加するのは以前より難しいかも知れない。

Phison E26コントローラを使用したドライブを見かけないのは、開発に時間がかかっているからだろう。これは現在、Gigabyteが232層のNANDフラッシュとともにGen5製品に使用しているものだ。同社によると、シーケンシャルリード9.5GB/秒、シーケンシャルライト8.5GB/秒の速度が可能だそうです。これは、最高速度が約7GB/秒のGen 4ドライブよりも約2GB/秒高速だ。しかし、ほとんどのユーザーが速度の違いに気づかないため、消費者が今のところ保留にしたくなる理由も指摘されている。また、Tom’s Hardwareは、E26が7nmプロセスで製造されており、古くなっている事を指摘している。

もう1つの問題は、利用可能なドライブの不足だけでなく、Gen 4デバイスよりも割高な価格設定だ。Gen 5ドライブはGen 4の2倍の速度、最高14GB/秒を提供することになっているが、すべてのSSDがその速度を提供できるわけではない。穏やかなスピードアップに過ぎないのであれば、発熱とより高いコストを考えれば、ほとんどの人にとってその価値はないだろう。これが来年までにこの状況が変わることを期待したい。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Snapdragon 8 Gen 2 2
    次の記事

    Qualcomm、Snapdragon 8 Gen 3の詳細情報がリーク:64ビット専用の強力なプロセッサとなるか

    2023年3月24日 20:12
  • 前の記事

    5年以内に恒星間空間に到達できるNASAの革新的な推進コンセプト

    2023年3月24日 14:30
    davoyan pelletbeampropulsion 2023

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です