Amazonブラックフライデー開催中です。こちらから購入頂くと当サイトの運営の応援に繋がりますので、よろしければ是非!!

96コアを搭載したAMD Ryzen Threadripper 7000「Storm Peak」CPUが目撃される

誰かが未発表の高コアのAMD CPUをテストしているようだ。[email protected]という、大型電波望遠鏡ガンマ線望遠鏡重力波検出器の観測データの中から中性子星からの信号を探すことを目的としたボランティア型の分散コンピューティングプロジェクトにおいて、最大96コア192スレッドの次世代CPU「AMD Ryzen Threadripper 7000 “Storm Peak”」2機種が発見されたのだ。

このリークによると、おそらく異なるベースクロックを持つ新しいOPNコード(AMD製品コード)の製品が確認出来る。つまり、以前に見られた64コアのサンプルに加え、現在、AMD Ryzen Threadripper 7000 SKUには、3つのバージョンがある事が確認出来たわけだ。これまでにリークされたものも含めると、以下の通りだ。

  • AMD Eng Sample: 100-000000884-21_N (96 Core / 192 Thread)
  • AMD Eng Sample: 100-000000884-20_Y (96 Core / 192 Thread)
  • AMD Eng Sample: 100-000000454-20_Y (64 Core / 128 Thread)

このCPUの特徴は、192個の「プロセッサ」(この場合はスレッドを意味する)を搭載することだ。これは、最近発表されたEPYC 9004シリーズと同じように、12個のCCDを持つ96コアのCPUであると見て間違いないだろう。サンプルの1つはベースクロックが2.0GHzで、もう1つは2.1GHzの周波数を備えていると思われる。今回のリークでは、ブーストクロック、TDP、キャッシュサイズに関する情報は確認されていない。

どちらのコードも公式のAMD OPNリストには見当たらず、まだ販売や生産が開始されていないことを意味する。

AMD Ryzen Threadripper 7000 Desktop CPUは、最新のZen 4コア・アーキテクチャをベースに最大96コア、192スレッドを搭載し、TSMCの5nmノードで製造される予定と見られている。このCPUは、既存の「Chagall」ラインナップを置き換えるもので、純粋にハイエンドおよびエクストリームワークステーションユーザー向けに設計されたものになる。コア数はEPYC Genoaのパーツと同じなので、同じダイを利用しつつ、一般消費者向けに特定のパーツを無効化したものになると思われる。

amd desktop roadmap
(Credit: AMD)

AMDは、Ryzen Threadripper 7000 Zen4、別名「Storm Peak」シリーズの正確な計画をまだ確認していないが、TR 5000シリーズの1年後である2023年3月よりも早く発売されるとは思わないほうがよいだろう。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする