サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

OBS StudioがNVIDIA GeForce RTX 4000シリーズでのNVENC AV1ハードウェアエンコーダーをサポート開始

OBS Studioは、NVIDIAのGeForce RTX 4000シリーズグラフィックスカードのNVENC AV1 Hardwareエンコーダーに対応した最新バージョンを発表した。

RTX 4090やRTX 4080を含むNVIDIA GeForce RTX 40シリーズグラフィックスカードは、オーバーヘッドを大幅に削減し、より高品質のエンコーディングを提供できるデュアルAV1エンコーダを搭載している。

Ada Lovelace GPUは、ストリーミングとビデオコンテンツを次のレベルへ引き上げるため、Ada第8世代の専用ハードウェアエンコーダ(通称NVENC)でAV1ビデオエンコーディングをサポートするようになった。前世代のAmpere GPUは、AV1デコードをサポートしていたが、エンコーディングはサポートしていなかった。

OBS Studio NVIDIA NVENC AV1 Hardware Support GeForce RTX 40 Graphics Cards

AdaのAV1エンコーダは、GeForce RTX 30シリーズGPUで使用されているH.264エンコーダよりも40%効率的です。AV1により、現在1080pでストリーミングしているユーザーは、同じビットレートと品質で実行しながらストリームの解像度を1440pに上げることができ、また1080pディスプレイのユーザーにとっては、動画が1440pと同様に見え、より良い品質を提供することができるようになる。

OBS Studio 28.1での変更点

Windows版NVENC AV1ハードウェアエンコーダを追加

  • 現在、NV12(OBSデフォルト)およびP010カラーフォーマットでのみ動作します。
  • 現在、アドバンスド出力モードでの「リスケール」機能はサポートしていません。
  • NVIDIAのRTX 40シリーズビデオカードでのみ使用可能です。

NVENCプリセットの更新

  • プリセットが3つの設定に分割されました。プリセット、チューニング、マルチパスモードの3種類に分割
  • プリセットはP1~P7になり、数字が小さいほど低品質、数字が大きいほど高品質になります。プリセットが高いほどGPU使用率が高くなり、OBSと同時に実行しているゲームのパフォーマンスに影響を与える可能性があることに注意してください。最高のプリセットを使用した場合、同時NVENCエンコーディングセッション数が少なくなる可能性があります。OBSはアップグレードの際、現在のNVENC設定を最も近いプリセットに自動的にマッピングします。
  • チューニングは、レイテンシーと品質のどちらを優先するかを決定するために使用されます。3つの設定があります。High Quality、Low Latency、Ultra Low Latencyの3つの設定があります。
  • Multipass Modeは、エンコード時に2パス目を使用するかどうかを決定するためのもので、3つの設定がある。Disabled、Quarter Resolution、Full Resolutionの3つの設定があります。これを有効にすると、GPUリソースの使用量が増える代わりに、より高い品質が得られます。

NVIDIA GeForce RTX 40シリーズのグラフィックカードでAV1エンコードを利用するための最新版OBS Studioはこちらからダウンロード可能だ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする