あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

DJI、望遠カメラを省くことで価格を抑えた「Mavic 3 Classic」を発表 – ボディ単体で21万円から

DJIは、先日登場を告知していた新たな製品について、多くの噂通りこれが「Mavic 3 Classic」である事を明らかにした。

DJIのMavic 3は映画の撮影にも使える高度なドローンだが、旧モデルのMavic 2 Proから大幅に価格も上がっており、一般ユーザーには中々手が出しづらいものになっていた。しかし、DJIは今回機能を絞ることで価格を抑えたバージョンを提供する事により、Mavicの性能をより多くのユーザーが体感できる機会を提供している。

Mavic 3 Classiには、Mavic 3に搭載されている多くの機能が引き継がれている。最大50フレーム/秒の5.1Kビデオ撮影(60FPSで4K)と12ビットRAW写真の撮影が可能な、2000万画素、24mm相当のハッセルブラッドカメラを搭載し、また、最大飛行時間は46分、飛行距離15km、O3+伝送システムにより1080p 60FPSのビデオをリモートで送信することができる。高高度で飛行する場合は、AirSense ADS-Bレシーバーが近くの航空機を警告してくれる。

とはいえ、同社のコンシューマ向け最上位ドローンであるMavicシリーズであることから、やはり価格は安くはない。基本価格はドローンのみで216,700円。なんとこれには、リモコンや充電器は含まれていない。これは、必要な機材を持っているDJIユーザー向けのアップグレードという設定だろう。それ以外の人は、充電器と基本的なRC-N1リモートを含む標準キットとして、少なくとも229,420円がかかる。252,670円を払えば、ディスプレイを搭載したDJI RCリモコンが手に入る。さらに、76,500円のFly Moreキットには、バッテリー2個、充電ハブ、車載充電器、静音プロペラ3組、キャリングバッグが含まれる。

Mavic 3 Classicは明らかに初心者向けではなく、愛好家向けと言うよりは、既に業務用機器としての利用が想定されるレベルになっている。予算が限られている場合は、Mini 3 Proなどの方がより気軽に使えることだろう。しかし、安心して最高のショットを撮影したいのならば、これ以上ない機能を発揮してくれることは間違いない。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share!!

スポンサーリンク

執筆者
Photo of author

masapoco

TEXAL管理人。中学生の時にWindows95を使っていたくらいの年齢。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題が得意だが、テクノロジー関係の話題も大好き。最近は半導体関連に特に興味あり。アニメ・ゲーム・文学も好き。最近の推しは、アニメ『サマータイムレンダ』

記事一覧を見る

コメントする

CAPTCHA