サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

ソニー、高画質ミラーレス一眼「α7R V」を発表 – AIによる新世代のAFと8K動画撮影機能などを搭載

(Credit: Sony)

Sony(ソニー)は、ポートレートや風景など、高解像度での撮影に特化した最新のミラーレスカメラ、「α7R V」を発表した。新モデルは、前モデルの「α7R IV」と同じ6100万画素の解像度となるが、8倍強力になったという新Bionz XRプロセッサーを搭載し、AIオートフォーカスの改善、最大8段の手ぶれ補正、8K 24p動画を実現している。

最も強調されている改良点はオートフォーカスで、α7R VはSonyのカメラで初めて「姿勢推定技術」と呼ばれるものを導入している。このシステムは、人体の20の異なるポイントを測定し、目がどこにあるべきかを把握することができるという。そのため、カメラに近づいたり遠ざかったりする人を正確に追尾し、一瞬姿が見えなくなったとしても、追尾し続けることが可能だ。さらに、車や電車、平地、動物、昆虫など、さまざまな被写体を選び出すことができるようになった。

img 004
(Credit: Sony)

α7R Vは主にフォトグラファーをターゲットにしているが、動画機能も充実している。α7R Vでは8K、最大24fps、ピクセルビニングなしの6.2K動画が撮影できるようになっている。α7S IIIと同じヒートシンクを搭載し、4K撮影は無制限、8K撮影は最大30分まで可能とのことだ。

また、センサー幅全体を使ったスーパーサンプリング10bit 4K動画を最大30fpsで、または1.2倍クロップで60fpsで扱うことが可能。さらに、16ビットRAW動画を最大4K 60pで外部レコーダーに取り込むことも可能となっている。

手ぶれ補正システムもアップグレードされており、ボディ内手ぶれ補正(IBS)システムは5.5段から8段に強化されている。CANONのEOS R5に並んだ形だ。また、α7R Vで採用されたチルトディスプレイの代わりに、ハイアングル撮影や動画撮影などに便利な新開発4軸マルチアングル液晶モニターを搭載している。

α7R Vの撮影速度は従来と同じ10fpsだが、従来のように非圧縮だけでなく、圧縮されたRAWファイルの撮影が可能になった。また、バッファは最大583枚の撮影に対応し、長時間の連写が可能となっている。

また、クラス最高レベルの944万ドット電子ビューファインダーや、高速なCFexpress Type AとUHS-IIカードに対応したデュアルカードスロットなど、魅力的な機能を多数搭載している。さらに、16枚の写真をAI処理によりフレーム間の動きを自動検出して補正し、24080万画素の1枚の画像に合成するピクセルシフトマルチショット(三脚使用時のみ)を新たに搭載している。

AIを活用したホワイトバランス、被写界深度を高める最大299フレームのフォーカススタッキング、よりフィルムライクな外観を実現するSonyのCinetoneカラープロファイル、A7 IVと同様のダイヤルと操作系を備えた最新のボディ、Power DeliveryによるUSB-C充電、Webカメラのネイティブ対応と、多くの機能がアップデートされた。α7R Vは、12月に560,000円で登場する予定だ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする