サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

3DMarkがNVIDIAのDLSS 3に対応

ベンチマークテストアプリの「3DMark」は、DLSS機能テストにおいて、NVIDIAのDLSS 3 「フレーム生成」テクノロジーをサポートすることを正式に発表した。

このアップデートはNVIDIAとの共同開発で実現している。3DMark NVIDIA DLSS機能テストでは、DLSS処理の有無によるパフォーマンスと画質を比較できる。これに加えて、新しいGeForce RTX 4000シリーズGPUを利用した場合、DLSS 3を使用した場合と使用しない場合の性能比較が可能となる。アップデート自体は既に配信されている。

3DMark DLSS Feature Test NVIDIA DLSS 3 Support GeForce RTX 40 Series 1

DLSS 3はフレーム生成機能を搭載し、Quality、Performance、Ultra Performanceの3つの画質モードから選択することが可能になっている。これらのモードは、フルHDから8Kまで、さまざまな解像度に対応するように設計されている。

DLSSフレーム生成は、NVIDIA Reflexで応答性を最適化しながら、AIで高品質のフレームを追加生成し、フレームレートを向上させる機能だ。この機能は、GeForce RTX 4000シリーズGPUの新しいOptical Flow AcceleratorをNVIDIA Tensor Coresとともに使用することで実現しているという。

3DMark DLSS Feature Test NVIDIA DLSS 3 Support GeForce RTX 40 Series 2

NVIDIA DLSS機能テストは、3DMark Port Royalのレイトレーシング・ベンチマークをベースにしている。テストは2パスで実行され、最初のパスは、ベースライン性能を測定するために、DLSSを無効にしてPort Royalをレンダリングする。2パス目では、Port Royalを低解像度でレンダリングし、DLSS処理で出力解像度のフレームを作成する。結果画面では、各実行におけるフレームレートが報告される。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする