サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

やっぱりまぎらわしかった?「RTX 4080 12GB」のネーミングが混乱を招くとのことで発売しないことに

Nvidiaは本日、「4080の呼称で2つのGPUを持つことは混乱を招く」という理由で、次期GeForce RTX 4080シリーズGPUの12GB版を「発売しない」ことを発表した。このカードは、当初予定されていた11月には発売されないが、ブランド名の変更に伴い、どこかのタイミングで復活する予定だ。

RTX 4080 12GBは素晴らしいグラフィックカードですが、名前が正しくありません」と、NVIDIAはブログで率直に述べている。4080の16GBバージョンは、予定通り11月16日に発売されるとのことだ。

RTX 4080は、ハイエンドのRTX 4090と同じGPUダイを使用しているが、CUDAコアの一部がオフになり、クロック速度が低下している。しかし、4080の12GB版と16GB版の違いは、その名前から想像するよりもはるかに大きく、12GB版は更にCUDAコアの数が少なく、192-bitメモリバスが狭く、噂では全く別のGPUダイを使用しているとされていた。NVIDIAのベンチマークによると、12GBバージョンは16GBバージョンの4080よりも30%も遅い可能性があるとのことだった。

RTX 4080 12GBは完全に発売が中止されたわけではなく、最も可能性が高いのは、NVIDIAとそのパートナーが、既存のすべての12GB RTX 4080カードをRTX 4070の派生版として再ブランド化することだ。これはおそらく、カードの性能や価格には全く影響を与えないだろう。しかし、カードのブランディングを過去世代とより一致させ、同じモデル番号の2枚のカードがなぜこれほど異なる性能を提供するのか、ユーザーからの不安と不満を軽減させることにはなるかもしれない。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする