Googleの「Pixel 7 Pro」がカメラ評価サイトDxOMarkの性能評価でiPhone 14 Proを抑えて1位を獲得

masapoco
投稿日 2022年10月15日 5:28

先日ついに発売された、Googleの新型スマートフォン「Pixel 7」シリーズだが、そのフラッグシップモデルである「Pixel 7 Pro」が、カメラ・ディスプレイの世界的な評価サイト「DxOMark」において、並み居る強豪を抑え、カメラ部門で1位の性能評価を獲得したことが分かった。

Pixel 7 Proは特に人物撮影で優秀な結果

今回の結果は、これまで1位だった「Honor Magic4 Ultimate」と同率1位。そして、「iPhone 14 Pro Max」を抑えての結果となる。

どちらも、Pixel 7 Proの売価を大きく上回る製品となっており、コストパフォーマンスを考えると破格の性能と言えるだろう。

DxOMarkでは、Pixel 7 Proのカメラを以下のように評価している。

評価できるポイント

  • あらゆる用途、機能で安定したカメラ体験を実現
  • 友人や家族の写真やビデオ撮影に最適で、どんな状況でも肌色をきれいに再現し、自然なコントラストで撮影できます。
  • 写真とビデオで優れたオートフォーカス性能を発揮し、アクションを逃さず、正確に瞬間をとらえます。
  • 超広角から望遠まで、すべてのズーム距離でディテールを再現する優れた総合的なズーム性能
  • 難しい条件下でも、自然な肌色、正確な露出、広いダイナミックレンジで、素晴らしい自分撮りの写真やビデオを撮影できます。
  • フロントカメラとバックカメラによる効果的なビデオ手ぶれ補正
  • 被写界深度が広く、大人数での自撮りにも適しています。
  • HDR10映像の視聴に適した明るさで、非常に優れたディスプレイ体験を実現
  • ほとんどの照明条件において、非常に優れたディスプレイの演色性と輝度適応性

残念だったポイント

  • メインカメラで撮影した低照度ビデオの露出不足
  • 近接ズーム時にディテールがわずかに失われ、画像ノイズが発生することがある。
  • フロントカメラで近距離撮影した場合、顔がピンぼけしてしまう
  • 低照度下での画像ノイズの目視確認
  • 屋外での輝度上昇時間が短く、視認性に影響がある

特に、「リアルトーン」による適切な肌色の描写によって、人物のポートレートにおいて高い評価を受けている。

細かな部門ごとの性能評価では、ボケではiPhone 14 Pro Maxに、メインカメラパフォーマンスではHonor Magic4 Ultimateに評価を譲る部分があったが、全体的にまんべんなく性能が高く、特に色彩表現についてが高く評価されている。

グーグルのコンピューティショナルフォトグラフィー分野での技術力の高さがここでも証明された形になる。

30倍の超解像ズームも、これまでのデジタルズームとは一線を画す性能を発揮しており、「光学系」ではなく、「デジタル処理」によるスマートフォンカメラの進化のスピードは見張る物がある。クアルコムの幹部が言うように、今後数年でスマートフォンが一眼カメラを超えるという予想も、あながち夢物語ではなくなってきているのではないか。そんな気にさせられる。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • pia25432 1 main wr140 nospikes 1041
    次の記事

    エイリアンの巨大構造物?宇宙人の拇印?ジェームス・ウェッブ望遠鏡の写真に隠された、天文学者をも困らせる秘密とは?

    2023年3月18日 14:49
  • 前の記事

    マイクロソフト、GPU解凍機能を備えた「DirectStorage 1.1」の近日公開を発表

    2022年10月14日 17:46
    DirectX Storage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です