Amazonブラックフライデー開催中です。こちらから購入頂くと当サイトの運営の応援に繋がりますので、よろしければ是非!!

Google Pixel 7 / Pixel 7 Proが発表 – 新しいカメラ機能を多数搭載しパワーアップ

GoogleがPixel 7とPixel 7 Proを正式に発表した。「手頃な価格のフラッグシップ機」の同デバイスは何が新しくなったのか?Tensor G2、アップデートされたカメラセットアップなど、以下に新しくなった要素をご紹介する。

Source

純粋なAndroid体験を約束するPixel 7シリーズ

Pixel 7 ProとPixel 7は、両者ともにAMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載しているが、画面サイズ以外に大きな違いがある。Proは6.7インチとなり、Pixel 7の6.3インチと比較して、Proバージョンはより大きなディスプレイを搭載している。加えて、ProバージョンはLTPOとQHD+の解像度、120Hzのリフレッシュレートを実現する。通常のPixel 7はリフレッシュレートは90Hzまでとなり、解像度はFHD+となる。

Pixel 7Pixel 7 Pro
ビルド・100% リサイクル アルミニウム フレーム
・IP68
・Corning Gorilla Glass Victus
・100% リサイクル アルミニウム フレーム
・IP68
・Corning Gorilla Glass Victus
寸法と重量・155.6×73.2×8.7mm
・197g
・162.9×76.6×8.9mm
・212g
画面・6.3 インチ FHD+ OLED
・2400×1080pの解像度
・リフレッシュレート 90Hz
・1400 ニトのピーク輝度 (Pixel 6 よりも 25% 高い輝度)
・HDR サポート
・6.7 インチ QHD+ LTPO pOLED
・3120×1440pの解像度
・リフレッシュレート 120Hz
・可変リフレッシュ レートのサポート (10 ~ 120Hz)
・1500 ニトのピーク輝度 (Pixel 6 Pro よりも 25% 高い輝度)
・HDR サポート
SoC・Google Tensor G2
 ・ARM Cortex-X1 @2.85Ghz:2コア
 ・ARM Cortex-A78 @2.35GHz:2コア
 ・4x ARM Cortex-A55 @1.8GHz:4コア

・Arm Mali G710 MP07 GPU
・Google カスタム次世代TPU
・Google Tensor G2
 ・ARM Cortex-X1 @2.85Ghz:2コア
 ・ARM Cortex-A78 @2.35GHz:2コア
 ・4x ARM Cortex-A55 @1.8GHz:4コア

・Arm Mali G710 MP07 GPU
・Google カスタム次世代TPU
RAM & ストレージ・8GB LPDDR5 RAM
・128/256GB UFS 3.1 ストレージ
・12GB LPDDR5 RAM
・128/256GB UFS 3.1 ストレージ
バッテリーの充電・4,355mAhバッテリー
・有線高速充電 (Google の 30W USB-C 充電器で約 30 分で最大 50%)
・高速ワイヤレス充電サポート (Qi 認証済み)
・スーパー バッテリー セーバーで最大 72 時間のバッテリー持続時間
・5,000mAhバッテリー
・有線高速充電 (Google の 30W USB-C 充電器で約 30 分で最大 50%)
・高速ワイヤレス充電サポート (Qi 認証済み)
・スーパー バッテリー セーバーで最大 72 時間のバッテリー持続時間
セキュリティ・ディスプレイ内蔵指紋スキャナー
・顔認証アンロック
・Titan M2チップ
・ディスプレイ内蔵指紋スキャナー
・顔認証アンロック
・Titan M2チップ
リアカメラ標準:  50MP f/1.85、OIS、最大 8 倍の超解像ズーム
超広角:  12MP f/2.2、視野角 114 度
・LDAF 

ビデオ:
 ・すべてのカメラで 4K 60FPS ビデオ キャプチャをサポート
 ・10bit HDR ビデオ キャプチャのサポート
標準:  50MP f/1.85、OIS
超広角:  12MP f/2.2、視野角 125.8 度、オートフォーカス
望遠:  48MP f/3.5、5 倍光学ズーム、最大 30 倍の超解像ズーム、OIS
・LDAF 

ビデオ:
 ・すべてのカメラで 4K 60FPS ビデオ キャプチャをサポート
 ・10bit HDR ビデオ キャプチャのサポート
フロントカメラ・10.8MP f/2.2 にアップグレードされた超広角自撮りカメラ、92.8 度 FoV、
・固定焦点より良い夜間の写真のためのより大きなセンサー
・10.8MP f/2.2 にアップグレードされた超広角自撮りカメラ、92.8 度 FoV、
・固定焦点より良い夜間の写真のためのより大きなセンサー
ポートUSB タイプ C 3.2 Gen 2USB タイプ C 3.2 Gen 2
オーディオステレオスピーカーステレオスピーカー
ネットワーク接続・5G (一部のモデルで mmWave をサポート)
・4G LTE
・Bluetooth 5.2
・Wi-Fi 6E
・NFC
・5G (一部のモデルで mmWave をサポート)
・4G LTE
・Bluetooth 5.2
・Wi-Fi 6E
・NFC
ソフトウェア・Android 13
・最低 5 年間のセキュリティ アップデート
・Android 13
・最低 5 年間のセキュリティ アップデート
その他の機能・Google One VPN
・ソフトウェアの機能:
 ・写真のぼかし
 ・より速い夜景
 ・リアルトーンの改善
 ・シネマティックブラー
 ・音声メッセージの書き起こし
 ・通話をクリア
・Google One VPN
・ソフトウェアの機能:
 ・写真のぼかし
 ・より速い夜景
 ・リアルトーンの改善
 ・シネマティックブラー
 ・音声メッセージの書き起こし
 ・通話をクリア

Pixel 7 ProとPixel 7のカメラにはいくつかの違いがあり、まずProバージョンには、標準にはない、光学5倍ズームの4,800万画素の望遠カメラが搭載されている。だが、それ以外は同じで、5,000万画素のメインカメラ、1,200万画素の超広角カメラ(Pixel 7 Proのみオートフォーカス)、4Kビデオ撮影ができる1,080万画素のフロントカメラが搭載されている。

機能面では、超広角カメラによるマクロフォーカスに加え、30倍の高解像度ズームがPro版ではサポートされる(標準バージョンでは8倍までの高解像度ズーム)。それ以外にも、リアルトーンやシネマティックブラーなどの機能が両機種に搭載されている。

メモリ構成については、Pixel 7 Proは、12GBのRAMと128GBまたは256GBのストレージが搭載される。標準のPixel 7の場合は、8GBのRAMと128GBまたは256GBのストレージのいずれかとなる。

標準バージョンは、有線およびワイヤレス充電をサポートしており、有線充電速度は21W、ワイヤレス充電速度は20Wとなる。パッテリー容量は、4,355 mAhだ。

Pixel 7 Proは、5,000mAhのバッテリーを搭載し、23Wの有線高速充電、20W+のワイヤレス充電が可能だ。

両機種とも、4nmプロセスで製造されるGoogleの「Tensor G2」を搭載している。また、3つのコア(2+2+4)クラスタ、機械学習用のTensor Processing Unitを使用し、GoogleのTitanセキュリティチップも存在し、より安全な利用の手助けをする。

このTensor G2の処理能力を活かして、Pixel 7シリーズ独自の機能も実現しているようだ。

また、Pixel 7とPixel 7 Proの両方は、IP68の防水機能とともに、ディスプレイ内指紋スキャナーと顔認証機能を搭載する。

価格と入手方法については、Google Pixel 7 Proは、Obsidian(ブラック)、Snow(ホワイト/シルバー)、Hazel(グリーン/ゴールド)が、標準のPixel 7は、Snow、Obsidian、Lemongrassの3色で発売される。17カ国で本日より予約受付を開始し、10月13日より端末の出荷を開始する予定だ。

  • Pixel 7: 8/128GB: 82,500円
  • Pixel 7: 8/256GB: 97,900円
  • Pixel 7 Pro 12/128GB: 124,300円
  • Pixel 7 Pro 12/256GB: 139,700円

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする